WordPress個別指導・カスタマイズ・トラブル対応
WordPressの使い方

BizVektorのカスタマイズ

人気のテーマBizVektor(ビズベクトル)のカスタマイズ例を紹介します(ビズベクターではなくビズベクトルです)。ヘッダー、フッター、サイドバー、グローバルメニュー、ヘッダー画像などについて主にデザインをカスタマイズするCSSを紹介します。

BizVektorのカスタマイズ
BizVektorのスマホメニューのカスタマイズ

BizVektorのスマホメニューのラベル「MENU」や開閉時のアイコンを変更する方法を説明します。仕上がりイメージは次のようになります。header.phpの変更が必要になるので子テーマを使うのが理想です。 「MENU ...

人気のWordPressテーマBizVektorとSEOに役立つAll in One SEO Packプラグインには、同じような機能があります。たとえば、トップページのタイトル設定やmeta descriptionの自動 ...

遅いサイトは集客にも影響が出ます。お悩みの方はぜひ、「ConoHa WING」をお試しください。私も使ってますが「国内最速レンタルサーバー」という噂どおりWordPressのダッシュボードもサクサク動くので感動です。

スポンサーリンク

BizVektorのグローバルメニューをあれこれカスタマイズして、初期設定とはひと味違ったデザインを模索している方も多いと思います。一例としてグローバルメニューに下線を付ける方法を紹介します。BizVektorを例に説明 ...

人気のテーマBizVektorですが、2種類あることをご存じでしょうか?通常版とBizVektor Global Editionです。どちらも簡単にサイトを構築できるBizVektorに変わりありませんが、使える機能が微 ...

BizVektorの特徴といえば画面右上の「連絡先」です。この連絡先をPCとスマホで別々の内容にしたいという相談が多いです。たとえば、スマホでは連絡先画像を表示したいなどの要件です。ここでは、PCとスマホで連絡先レイアウトを違う内容にする方法を紹介します。

BizVektorでは「外観」-「カスタマイズ」メニューからグローバルメニューなどに使う色を変更できますが「キーカラー」を変更するとサイト全体の色が変わってしまいます。そこで、グローバルメニューの色だけを変更するCSSの例を紹介します。自由に変更してお使いください。

BizVektorで画面全体の幅を100%に広げる方法を紹介します。加工前のBizVektorはヘッダー画像を含めて画面全体の幅は950pxになっています。CSSをカスタマイズすることで幅を広げることができます。合わせてヘッダー画像のサイズも広げておいた方が良いでしょう。

BizVektorの拡張デザインスキン「BizVektor Vast」ではヘッダー画像が画面いっぱいに表示され、インパクトのあるサイトに仕上げることができます。その他、BizVektor Vastの特徴をいくつか紹介します。

BizVektorで制作中のWordPressサイトでtitleタグを自由に変更する方法を紹介します。投稿や固定ページの「タイトル」として入力した文字とは別の文字をtitleタグに設定することで、SEO対策などにも役立つでしょう。

1 2 3 7 »
カスタマイズ・トラブル対応でお急ぎのときは
「カスタマイズがうまくいかない」「突然トラブルが発生した!」などでお急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
スポンサーリンク

最近の投稿

最近の投稿

その他の記事を読む
(記事総数:619本) 
  • twitter
【LP作成に】Danganページビルダー
LPを組み立てるように作れます。
【高速サーバー】ConoHa WING
国内最速との噂です。

お困りのときはご相談ください

ホームページ作成講座 WordPress個別サポート WordPressメールサポート
wordpress講座受講予約
西沢直木のIT講座
PAGETOP