Contact Form 7の初期設定では問い合わせフォームへの入力内容を確認する画面が表示されません。Contact Form 7で確認画面を表示するにはContact Form 7 add confirmプラグインを使う方法があります。 以下、使い方を説明します。 Contact Form 7に確認画面を設置する 「プラグイン」‐「新規追加」メニューからContact Form 7 add confirmプラグインをインストール、有効化します。 確認画面を機能させるため、「確認」ボタンや「戻る」ボタンを設置する必要があります。 それには、「お問い合わせ」‐「コンタクトフォーム」メニューで問 ...

Contact Form 7でコンタクトフォームを作成するときに「Reply-To 項目に不正なメールボックス構文が見られます」と表示されることがあります。 原 ...

Contact Form 7から送信するメールにページのタイトルを入れたいこともあります。 たとえば、ブログ記事の下に設置した問い合わせフォームです。どのページ ...

Contact Form 7では特別なメールタグを使うと、IPアドレスや送信日時、ページタイトルなどを取得することができます。それを活用して特定の端末(IPアド ...

Contact Form 7で作成する問い合わせフォームはサイドバーに設置することもできます。基本的にはショートコードをサイドバーウィジェットにコピーペーストす ...

WordPressで予約フォームを作るにはさまざまな手段がありますが、この記事では、問い合わせフォームを作るプラグインとして定番のContact Form 7を ...

Contact Form 7で作成する入力フォームには入力例(項目の説明など)を表示することができます。電話番号やメッセージ欄で活用できますが、たとえば、次のよ ...

「郵便番号から住所を自動で入力したい」はフォーム効率化の要望として定番です。WordPressではzipaddr-jpプラグインを使うとメールフォームで入力した ...

WordPressのメールフォーム作成プラグインContact Form 7で添付ファイルを受け取る方法を紹介します。 まずは、「お問い合わせ」‐「コンタクトフ ...

WordPressのContact Form 7プラグインで作成するメールフォームに追加したラジオボタンは次のように横並びになります。 縦に並べるには、次のよう ...

カスタマイズ・トラブル対応でお急ぎのときは
「カスタマイズがうまくいかない」「突然トラブルが発生した!」などでお急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。

WordPress講座の問い合わせ先
WordPress講座申し込み
メールで問い合わせ
スポンサーリンク