WordPress個別サポート

Contact Form 7で作成する入力フォームには入力例(項目の説明など)を表示することができます。電話番号やメッセージ欄で活用できますが、たとえば、次のようなイメージです。

Contact Form 7のフォーム項目に入力例を表示

Contact Form 7のフォーム項目に入力例を表示

以下、表示方法を紹介します。

スポンサーリンク

Contact Form 7で入力例を表示する例

電話番号の例

Contact Form 7のフォーム要素に入力例を表示するにはフォーム要素にplaceholderを追加します。以下は電話番号の項目に入力例を表示する例です。

[tel* your-tel placeholder"例:03-9999-9999"]
placeholderはContact Form 7 3.4以降で使用可能です。

表示結果は次のようになります。

電話番号の入力例を表示

電話番号の入力例を表示

文字を入力すると、入力例は消えます。

文字を入力すると、入力例は消える

文字を入力すると、入力例は消える

メッセージ欄の例

メッセージ欄にも何か入れておくことができます。

[textarea your-message placeholder"ご希望があればこちらに入力してください。"] 

表示結果は次のようになります。

メッセージ欄の注釈にも

メッセージ欄の注釈にも

ちなみに、入力例を改行する場合、さまざまな方法が紹介されていますがブラウザによって挙動が異なるので、あまり確実な方法はありません。あとはいろいろとお試しください。

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
wordpress講座受講予約
WordPress講座の問い合わせ先
脱・初心者を目指すWordPress 189のヒント

関連記事

BizVektorのカスタマイズ

Lightningのカスタマイズ

WordPressカスタマイズ

WordPressによるサイト作成のヒント

WordPressプラグイン

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート