WordPress個別サポート

Contact Form 7で作成する入力フォームには入力例(項目の説明など)を表示することができます。電話番号やメッセージ欄で活用できますが、たとえば、次のようなイメージです。

Contact Form 7のフォーム項目に入力例を表示

Contact Form 7のフォーム項目に入力例を表示

以下、表示方法を紹介します。

スポンサーリンク

Contact Form 7で入力例を表示する例

電話番号の例

Contact Form 7のフォーム要素に入力例を表示するにはフォーム要素にplaceholderを追加します。以下は電話番号の項目に入力例を表示する例です。

[tel* your-tel placeholder"例:03-9999-9999"]
placeholderはContact Form 7 3.4以降で使用可能です。

表示結果は次のようになります。

電話番号の入力例を表示

電話番号の入力例を表示

文字を入力すると、入力例は消えます。

文字を入力すると、入力例は消える

文字を入力すると、入力例は消える

メッセージ欄の例

メッセージ欄にも何か入れておくことができます。

[textarea your-message placeholder"ご希望があればこちらに入力してください。"] 

表示結果は次のようになります。

メッセージ欄の注釈にも

メッセージ欄の注釈にも

ちなみに、入力例を改行する場合、さまざまな方法が紹介されていますがブラウザによって挙動が異なるので、あまり確実な方法はありません。あとはいろいろとお試しください。

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
細かい質問からCSSやPHPのカスタマイズ、トラブル対応まで、この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
WordPress個別サポートの特徴
  • 最短で本日中に問題解決できます
  • 見積もり無料・料金は終了後の後払いです
  • 銀座教室・スカイプ・出張またはメールで対応します
カスタマイズがうまくいかないときは
お急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
こんなときはご相談ください(相談・見積もり無料)
  • サイトのデザインをカスタマイズしたい
  • CSS・PHPのカスタマイズがうまくいかない
  • 引っ越し(サーバー移転)したい
  • サイトをSSL対応(https://)したい
WordPress講座の問い合わせ先
WordPress講座申し込み
メールで問い合わせ

関連記事

スポンサーリンク