WordPressデータベースの中にオリジナルで作成したテーブルからデータを表示する例を紹介します。任意のデータを格納したり、既存のデータをそのまま活用してWordPressサイトに表示したいときに役立ちます。参考にしてください。 Word ...

WordPressで作成した記事のID(投稿ID)や固定ページのIDは連番にならないことが多いです。123番の記事の次の記事は150番だったりします。番号が飛ん ...

データベース管理ツールphpMyAdminを使うときはログイン画面でユーザー名やパスワードを入力して、使用中のサーバーを選択する必要があります。これらの情報を調 ...

WordPressではデータベースが使われています。そんなことは知らなくても問題なくホームページ作成できますが、データベースを活用できる場面を知っておくと役立つ ...

レンタルサーバーの「簡単インストール」メニューからWordPressをインストールすると、データベースを自動作成してくれるので便利ですが、データベースのユーザー ...

WordPressで管理者画面(ダッシュボード)にログインするためのパスワードを忘れてしまうこともあります。 通常は、「パスワードをお忘れですか?」をクリックし ...

データベースに入門すると「主キー」や「インデックス」という用語を目にするようになります。 これらのキーワードは、掘り下げると膨大な情報になってしまいますが、ここ ...