WordPress個別サポート

ご存じかもしれませんが、WordPressではデータベースが使われています。そんなことは知らなくても問題なくホームページ作成できますが、知っておくと役立つこともあります。たとえば、何らかのトラブルで管理画面にアクセスできなくなった、そんなときはデータベースを直接開いて修正すれば問題を解決できる場合があります。

以下、WordPressの定番トラブルを2つ取り上げて、管理画面にアクセスできない場面でデータベースを直接開いて解決する流れを簡単に説明します。

スポンサーリンク

データベースとは記事やページを格納する「箱」のようなもの

データベースとは「箱」のようなものだと思ってください。その意味は、WordPressの管理画面でブログ記事を書いて「公開」ボタンをクリックすると、ブログ記事のタイトルや本文がデータベースという箱の中に収められる(1)ということです。

WordPressでデータベースが使われるイメージ

WordPressでデータベースが使われるイメージ

データベースに格納されたブログ記事のタイトルや本文は、サイトが表示されたとき(2)に取り出されてブラウザ画面に表示されます。

設定も保存されている

投稿や固定ページだけでなく、WordPressアドレスやサイトアドレスなどの設定やユーザー名、パスワードなどのユーザー情報などもWordPressデータベースの中に格納されています。

つまり、サイト全体をバックアップしたければ、ファイル一式だけでなくデータベースのバックアップも必要です。FTPでダウンロードできるファイル一式の中には投稿や固定ページは含まれていないので注意してください。「BackWPupプラグインを使えばバックアップが簡単」という意味は、別々のサーバーに存在するファイル一式とデータベースを同時にまとめてバックアップできるということです。

WordPressデータベースという大きな箱の中に「テーブル」という小さい箱があり、そのテーブルの中に投稿や各種設定、ユーザー情報などが格納されているイメージです。

WordPressデータベースの構造イメージ

WordPressデータベースの構造イメージ(データはテーブルという箱の中にある)

もう少し具体的に書くと、WordPressデータベースの中には10個を超えるテーブルが作成されており、用途に応じて別のテーブルに格納されます。

用途に応じたテーブルに格納される

用途に応じたテーブルに格納される

  • wp_postsテーブル --- 投稿・固定ページ(入力した記事など)
  • wp_optionsテーブル --- 各種設定(サイトURLなど)
  • wp_usersテーブル --- ユーザー情報(ユーザー名・パスワードなど)

たとえば、wp_optionsテーブルを直接開いてみると、ダッシュボードの「設定」‐「一般」メニューから設定したWordPressアドレスやサイトアドレスが格納されていることを確認できます。

WordPressアドレスやサイトアドレスもデータベースに格納されている

WordPressアドレスやサイトアドレスもデータベースに格納されている

ここで学ぶことは、管理画面にアクセスできないときはデータベースを直接開けばよいかも、ということです。以下、管理画面にアクセスできなくなる定番のWordPressトラブルを2つ取り上げます。

WordPressアドレスの変更を間違えて画面が真っ白に!

よくあるWordPressトラブルに「アドレスの設定を間違えて画面が真っ白になった!」があります。「設定」‐「一般」メニューの「WordPressアドレス」の入力ミスや「お試し変更」が原因です。

アドレス変更ミスで画面が真っ白に!

アドレス変更ミスで画面が真っ白に!

普通は焦ると思いますが、設定はデータベースに格納されているのでデータベースを直接開いて修正すればなんとかなるかも、と思い出せば大丈夫です。

wp-config.phpを修正する方法でも対処できます。

レンタルサーバーで使えるデータベース管理ツール(phpMyAdmin)でWordPressデータベースを開いて「wp_options」というテーブルを開けば、WordPressアドレスとサイトアドレスが見つかります。

「wp_options」というテーブル名は微妙に異なる場合があります。これはWordPressインストール時に決めた「データベーステーブルの接頭辞」によって異なり、たとえば、「wpabcdoptions」のようになる場合があります。
修正ミスしたアドレスをデータベースの中で発見

wp_optionsテーブルで見つかる間違ったWordPressアドレス

option_nameの列を見て「siteurl」が「WordPressアドレス」、「home」が「サイトアドレス」です。確かに間違った内容が入っていることが確認できるでしょう。

  • option_nameが「siteurl」 --- WordPressアドレス(修正ミスするとアウト!)
  • option_nameが「home」 --- サイトアドレス(修正ミスしても大丈夫)

あとは、データを修正すれば良いだけです。ただし、データベースの修正を間違えるとWordPressが動作しなくなる場合があります。自信がないときの「お試し変更」は厳禁です。以下の作業は十分に注意してください。

phpMyAdminに表示されたWordPressアドレス(siteurl)の「編集」アイコンをクリックします。

「編集」アイコンをクリック

「編集」アイコンをクリック

option_valueの間違ったWordPressアドレスを確認します。

間違ったWordPressアドレスを確認

間違ったWordPressアドレスを確認

正しいアドレスに修正(1)して「実行する」ボタン(2)をクリックすると設定完了です。

正しいWordPressアドレスに修正

正しいWordPressアドレスに修正

アドレスの末尾に「/」は不要です。また、このWordPressアドレスはWordPressをインストールしたアドレスです。つまり、必ずしも「http://example.com」とは限らず「http://example.com/wp1」や「http://example.com/wordpress」のようにフォルダ名が付く場合があります。ご注意ください。

「home」(サイトアドレス)の方は修正してもしなくても大丈夫です。WordPressアドレスだけ修正すれば管理画面からアドレスを変更できるようになるからです。

もう一度、管理画面にアクセスしてみましょう。正しいWordPressアドレスに直っているはずです。合わせてサイトアドレスも修正しましょう。

WordPressアドレスが修復され管理画面にアクセスできるようになる

WordPressアドレスが修復され管理画面にアクセスできるようになる

ユーザー名・パスワード・メールアドレスを忘れてしまった!

よくあるWordPressの困りごとにユーザー名、パスワード、メールアドレスを忘れてしまったというのがあります。

パスワードを忘れただけなら「パスワードをお忘れですか?」でリセットすれば大丈夫ですが、ユーザー名もメールアドレスも忘れてしまったということもあります。

そんなときも焦らず、「すべてはデータベースに格納されている」と思い出せば大丈夫です。

ユーザー名もメールアドレスもデータベースに格納されている

ユーザー名もメールアドレスもデータベースに格納されている

データベース管理ツール(phpMyAdmin)で「wp_users」というテーブルを開いてみましょう。ユーザー名、パスワード、ニックネーム、メールアドレスを確認できます。

wp_usersに格納されたユーザー情報

wp_usersテーブルに格納されたユーザー情報

  • user_login --- ユーザー名(ログイン時に使う名前)
  • user_pass --- パスワード(暗号化された値)
  • user_nicename --- ニックネーム(投稿者名に表示される)
  • user_email --- メールアドレス

あとは、これらの情報を元に管理画面でパスワードのリセットなどを行えば良いでしょう。

パスワードだけは暗号化されているので元の値を確認できません。パスワードを忘れてしまったときは、この画面で別の値に変更する方法もあります。

ユーザー情報を変更するには、「編集」アイコン(編集アイコン)をクリックして開いた編集画面でそれぞれの項目(1)を変更し、「実行する」ボタン(2)をクリックします。これでユーザー情報の変更は完了です。

ユーザー情報の変更

ユーザー情報の変更

ただし、パスワードの変更だけは注意が必要です。

「user_pass」に好きなパスワードを入力(1)して「関数」で「MD5」(2)を選択する必要があります。パスワードを暗号化するためです。

パスワードは「MD5」で暗号化する必要がある

パスワードは「MD5」で暗号化する必要がある

「実行する」ボタンをクリックして変更を完了すると、パスワードが暗号化されているのがわかります。この画面でパスワードを変更した場合は、必ずパスワードが暗号化されたか確認してください。

パスワードが暗号化されて保存される

パスワードが暗号化されて保存される

これで、ユーザー名やパスワード、メールアドレスを忘れても「データベースを開けば大丈夫」なことがイメージできたでしょうか。

まとめ

このように、WordPressデータベースには投稿、固定ページだけでなく、WordPressアドレスやユーザーパスワードなどの重要な設定もすべて格納されています。ですから、画面が真っ白になったりユーザー名やパスワードを忘れても焦ることはありません。「データベースを開けば大丈夫」と思えば安心です。

問題はデータベース管理ツール(phpMyAdmin)がインストールされていないレンタルサーバーですが、さくらインターネットロリポップ!エックスサーバーなど、初心者にやさしいレンタルサーバーではデータベース管理ツールが使用可能になっています。これらのレンタルサーバーがWordPress初心者におすすめなのはこのような意味です。決して料金だけではありません。万が一のときのため、データベース管理ツール(phpMyAdmin)が使えることは重要です。

phpMyAdminの使い方の説明は長くなるので省略しますが、操作の練習をしたい方はWordPress個別サポートにご相談ください。

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
wordpress講座受講予約
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

BizVektorのカスタマイズ

WordPressカスタマイズ

WordPressによるサイト作成のヒント

WordPressプラグイン

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート