WordPressのテンプレートなどPHPのコードを見ているとビックリマーク(!)を見かけます。かなり多く見かけるので気になるかもしれませんが、このビックリマークの意味は何でしょうか?意外と重要なのでこの記事で説明していきます。 PHPのビックリマークの意味は「否定」 ビックリマークの意味は「否定」ですが簡単に言えば「~ではない」という意味です。わかりやすいように実際のコードで説明します。テーマのheader.phpで次のようなコードを見かけることがあります。 ifとis_front_pageを組み合わせると「もしもトップページだったら」という条件になりますが、否定の「!」を付けることで「もし ...

WordPressテンプレートを開いてトップページへのリンクを作成しているコードを探すと <?php echo esc_url( home_url( '/ ...

WordPressで作成する固定ページを表示するときのデザインを決めるテンプレートファイルはpage.phpです。ただし、「固定ページの表示=page.phpだ ...

WordPressが動作しているPHPのバージョンを調べる方法はいくつかあります。ここではレンタルサーバーの管理画面およびWordPressのプラグインを使う方 ...

WordPressで管理画面にオリジナルのメニューを追加したいこともあります。簡単な例はブログ記事本文のフォントサイズを変更できるメニューですが次のようなイメー ...

the_categoryを使うと、投稿のカテゴリーを表示することができます。子カテゴリーに属する投稿については、親カテゴリー・子カテゴリーを別々のリンクで表示し ...

条件分岐タグis_pageは表示中のページが特定のページかどうか調べる命令ですが、複数ページを指定する場合は注意が必要です。よくある書き間違いの例に注意しながら ...

テーマのindex.phpはインデックスファイルではない WordPressテーマのindex.phpとは、一般的なWebサイトに含まれるindex.phpやi ...

WordPressでbody_classが出力するクラス名にページのスラッグを追加する方法を紹介します。ページごとにスタイルを変更するときに役立ちます。body ...

front-page.phpとhome.phpは、どちらもトップページのテンプレートとして使用可能なファイルですが、両方とも含まれているテーマも少なくありません ...

カスタマイズ・トラブル対応でお急ぎのときは
「カスタマイズがうまくいかない」「突然トラブルが発生した!」などでお急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。

WordPress講座の問い合わせ先
WordPress講座申し込み
メールで問い合わせ
スポンサーリンク