WordPress個別サポート

WordPressが動作しているPHPのバージョンを調べる方法はいくつかあります。ここではレンタルサーバーの管理画面およびWordPressのプラグインを使う方法を紹介します。

スポンサーリンク

レンタルサーバーでPHPのバージョンを確認

多くのレンタルサーバーの管理画面にはPHPバージョンを確認するメニューがあります。主なレンタルサーバーのメニューは次のようになります。

エックスサーバー

エックスサーバーではサーバーパネルの「PHP」‐「PHPバージョン切り替え」メニューで確認できます。

PHPバージョンの確認

PHPバージョンの確認(エックスサーバー)

さくらインターネット

さくらインターネットの場合はサーバコントロールパネルの「PHPのバージョン選択」メニューです。

PHPのバージョン確認(さくらインターネット)

PHPのバージョン確認(さくらインターネット)

ロリポップ

ロリポップではユーザー専用ページの「サーバーの管理・設定」‐「PHP設定」メニューです。

PHPのバージョン確認(ロリポップ)

PHPのバージョン確認(ロリポップ)

WordPressプラグインでPHPバージョンを確認

Query Monitorプラグインを使うと、WordPressのダッシュボード内でPHPのバージョンを確認することができます。

インストール後、アドミンバーから「環境」メニューを選択します。

Query Monitorのウィンドウが開いてPHPのバージョンなどを確認することができます。

PHPのバージョン確認(Query Monitorプラグイン)

PHPのバージョン確認(Query Monitorプラグイン)

WordPressでお困りのときはご相談を
細かい質問からCSSやPHPのカスタマイズ、トラブル対応まで、この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
WordPress個別サポートの特徴
  • 最短で本日中に問題解決できます
  • 見積もり無料・料金は終了後の後払いです
  • 銀座教室・スカイプ・出張またはメールで対応します
PHPがよくわからないときは
簡単な質問からWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
こんなときはご相談ください(相談・見積もり無料)
  • PHPを修正したいが不安だ
  • PHPのコードの意味を教えてほしい
  • PHPの修正ミスでエラーが発生!
WordPress講座の問い合わせ先
WordPress講座申し込み
メールで問い合わせ

関連記事

スポンサーリンク