WordPress個別指導・カスタマイズ・トラブル対応
WordPressの使い方

WordPressのPHP

WordPress個別サポート

front-page.phpとhome.phpは、どちらもトップページのテンプレートとして使用可能なファイルですが、両方とも含まれているテーマも少なくありません。では、2つのテンプレートは、いつ、どのようなタイミングで使 ...

カスタムフィールドを出力するにはPHPのコードを記述する必要があります。ここでは、Advanced Custom Fieldsプラグインで作成した定番のカスタムフィールドを画面に表示する例で説明します。 具体的には3種類 ...

遅いサイトは集客にも影響が出ます。お悩みの方はぜひ、「ConoHa WING」をお試しください。私も使ってますが「国内最速レンタルサーバー」という噂どおりWordPressのダッシュボードもサクサク動くので感動です。

スポンサーリンク

WordPressでテンプレートの中にショートコードを入力したいこともあります。活用法はさまざまですが、たとえば、すべての記事の下にContact Form 7の問い合わせフォームを表示することもできるので非常に便利です ...

WordPressで特定のカテゴリーのみを処理対象にしたいこともあります。たとえば、広告表示です。ここではPHPの条件分岐の構文「if」とWordPress関数を使って対象カテゴリーを限定する方法を紹介します。

WordPressで記事の本文下などにカテゴリーを一覧する場合、wp_list_categoriesという命令が役立ちます。以下、wp_list_categories関数の使い方を簡単に紹介します。 記事の本文下でカテゴ ...

WordPressサイトでアーカイブなど特定のページをnoindexにする方法を紹介します。「noindex」とは、検索エンジンに「インデックスしないでね」と伝えるオプションです。結果として、検索結果に出てこなくなります ...

記事の抜粋は110文字。WordPressを使い慣れた方はご存じと思いますが、なぜ110文字になるのか、わかりますか?たまには予備知識を付けるためWordPressの内部に踏み込んで、抜粋が110文字になる理由を探ってみましょう。WordPressカスタマイズの重要な考え方もわかりますよ。

テンプレートのカスタマイズに役立つbloginfoですが、使い方を間違えると意図しない結果になります。ここでは、「bloginfo('URL')」を実行したときにサイト名が表示されてしまう仕組みを説明します。

WordPressのカスタマイズにPHPは必須ではありませんが、PHPに慣れていると「ページやサイドバーで好きなPHPスクリプトを入力できれば便利なのに」と思うかもしれません。ここでは、ページやサイドバーで任意のPHPスクリプトを入力して実行する方法を紹介します。

« 1 2 3 4 »
カスタマイズ・トラブル対応でお急ぎのときは
「カスタマイズがうまくいかない」「突然トラブルが発生した!」などでお急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
スポンサーリンク

最近の投稿

最近の投稿

その他の記事を読む
(記事総数:613本) 
  • twitter
【LP作成に】Danganページビルダー
LPを組み立てるように作れます。
【高速サーバー】ConoHa WING
国内最速との噂です。

お困りのときはご相談ください

ホームページ作成講座 WordPress個別サポート WordPressメールサポート
wordpress講座受講予約
西沢直木のIT講座
PAGETOP