WordPress個別サポート

データベース管理ツールphpMyAdminを使うときはログイン画面でユーザー名やパスワードを入力する必要があります。また、レンタルサーバーで使うphpMyAdminでは、使用中のサーバーを選択するのが一般的です。

phpMyAdminのログイン画面

phpMyAdminのログイン画面

言うまでもありませんが、これらの情報はWordPress管理者のユーザー名やパスワードではなく、データベースを使うユーザーの名前とパスワードです。レンタルサーバーによって情報の掲載場所が異なります。以下、さくらインターネット、ロリポップ、エックスサーバーの例で説明します。

スポンサーリンク

wp-config.phpから調べる場合

データベースを使うユーザー名とパスワードはWordPressの設定ファイル(wp-config.php)で調べることができます。

設定ファイル(wp-config.php)とphpMyAdminのログイン画面の対応
  • ユーザー名 --- MySQL データベースのユーザー名
  • パスワード --- MySQL データベースのパスワード
  • サーバーの選択 --- MySQL のホスト名
設定ファイル(wp-config.php)とphpMyAdminのログイン画面との対応

設定ファイル(wp-config.php)とphpMyAdminのログイン画面との対応

レンタルサーバーに関係なく、wp-config.phpを調べれば大丈夫ですが、参考までにさくらインターネット、ロリポップ、エックスサーバーでデータベースのユーザー名、パスワード、サーバーアドレスを調べるメニューを紹介します。

さくらインターネットの場合

さくらインターネットのサーバコントロールパネルにログインして「データベースの設定」メニューを開きます。以下の項目がログイン画面と対応しています。

さくらインターネットサーバコントロールパネルとphpMyAdminのログイン画面の対応
  • ユーザー名 --- データベース ユーザ名(初期アカウント名)
  • パスワード --- 確認できません。忘れてしまった場合は上記のwp-config.phpを開いて確認しましょう。この画面でパスワードを安易に変更してはいけません。「データベース接続確立エラー」になります。
  • サーバーの選択 --- データベース サーバ
phpMyAdminログイン画面の項目(さくらインターネット)

phpMyAdminログイン画面の項目を調べる(さくらインターネット)

もう一度書きますが、「接続パスワード変更」の「変更」をクリックして気軽に変更してはいけません。「データベース接続確立エラー」が発生してWordPressサイトの画面が真っ白になります。非常に多いトラブルです。ご注意ください。

ロリポップの場合

ロリポップではユーザー専用ページで「Webツール」‐「データベース」メニューを開いて、操作したいデータベースの「操作する」ボタンをクリックします。

データベースの操作画面へ

データベースの操作画面へ

「phpMyAdminを開く」をクリックするとログイン画面が表示されるので、ユーザー名、パスワードを入力し、サーバーを選択します。

phpMyAdminを開く

phpMyAdminを開く

ロリポップユーザー専用ページとphpMyAdminのログイン画面の対応
  • ユーザー名 --- ユーザー名
  • パスワード --- 「パスワード確認」をクリックして確認
  • サーバーの選択 --- サーバー
phpMyAdminのログイン画面の情報を調べる(ロリポップ)

phpMyAdminのログイン画面の情報を調べる(ロリポップ)

「パスワードを再設定する」を気軽に使うのは厳禁です。「データベース接続確立エラー」が発生してWordPressサイトの画面が真っ白になります。

エックスサーバーの場合

エックスサーバーではサーバーパネルの「phpmyadmin(MySQL5.5)」をクリックすると、ログイン画面が表示されるので、その前に「MySQL設定」で設定をメモしておきましょう。

「データベース」‐「MySQL設定」メニューを開く

「データベース」‐「MySQL設定」メニューを開く

エックスサーバーのサーバーパネルとphpMyAdminのログイン画面の対応
  • ユーザー名 --- アクセス所有権ユーザー
  • パスワード --- そのパスワード
phpMyAdminのログイン情報を調べる(エックスサーバー)

phpMyAdminのログイン情報を調べる(エックスサーバー)

まとめ

以上、さくらインターネット、ロリポップ、エックスサーバーでデータベースのユーザー名とパスワードを確認する方法を紹介しました。パスワードを忘れてしまった場合、各レンタルサーバーのメニューで変更できますが安易に変更すると、「データベース接続確立エラー」になります。詳しくは、以下のページをご覧ください。

WordPressで「データベース接続確立エラー」と表示されるとき

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
wordpress講座受講予約
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

BizVektorのカスタマイズ

WordPressカスタマイズ

WordPressによるサイト作成のヒント

WordPressプラグイン

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート