WordPress個別サポート

WordPressサイトをエックスサーバーに移転してみましたが、感想は「速い!」の一言です。WordPressの移転を検討している方、管理画面の動きが悪くてお悩みの方、エックスサーバーを試してみてください。

もちろん、移転前のサーバーやサイトの状況などによって移転前後の感想は違ってくると思いますし、エックスサーバーより高速なサーバーもあると思いますが、手頃な料金で管理画面も使いやすく無料お試し期間もあるので、とりあえずお試しでエックスサーバーを使ってみて損はないと思います。

正直、「もっと早く乗り換えれば良かった」というのが率直な感想です。

スポンサーリンク

エックスサーバーに移転したら管理画面の動きが軽快に

移転前からキャッシュを使っていたのでGoogle PageSpeed Insightsのスコアは微増でしたが、何よりも嬉しいのは管理画面がサクサク動くようになったことです!

「プレビュー」ボタンや「公開」ボタンをクリックして長い時間待たされるとモチベーションが下がりますよねー。エックスサーバーに引っ越してから管理画面が生まれ変わったようにサクサク動くので、作業がスムーズで嬉しいです。

GTmetrixのスピードチェックでA判定が

スコアばかり気にしてもしょうがありませんが、GTmetrixのPageSpeed ScoreでA判定が出ました。だからといって、検索順位が上がったりするわけではありませんが、なんとなく嬉しいです。表示速度が速いことは、PVの増加、制約の増加にもつながります。

GTmetrixでA判定

GTmetrixでA判定

サーバースペックを比較

移転後に速くなったのは体感できましたが、体感だけなのかもしれないので、念のためエックスサーバーと移転前のさくらインターネットのサーバースペックを比べてみました。

  • エックスサーバー:Intel Xeon E5-2430L(2.00GHz)/24GB
  • さくらインターネット:Intel Xeon E312xx/18GB

※私が借りているサーバーの例です。

CPUの違いを表現するのは難しいですがWikipediaから抜粋させていただくと「Xeon E3系はエントリーサーバー、E5系はミドルレンジサーバー」となります。メモリ容量も合わせて考えるとエックスサーバーの方が高速なのも納得です。

パフォーマンスが向上したPHP 7も高速!

エックスサーバーはPHP 7対応です。現状の主流バージョンであるPHP 5と比べてPHP 7は相当にパフォーマンスが向上しているらしいので、移転を機に導入してみました。管理画面がサクサク動くようになったのはPHP 7のおかげかもしれません。

エックスサーバー以外でもPHP 7が導入できるなら、パフォーマンスをお試しいただければ良いのですが、PHP 7に対応していないテーマやプラグインがあるので、PHPのバージョン変更には注意が必要です。まずはテストサイトにテーマだけインストールしてみて、問題ないか検証してから本格的に導入した方が良いでしょう。

移転すると早くなるもう1つの理由

WordPressサイトを移転するとパフォーマンスが向上するもう1つの理由に「データベースを作り直すから」があります。長い間WordPressを稼働して記事を書いたり消したりしていると、WordPressデータベースにゴミのようなものが増えていき、パフォーマンス低下の原因になります。サーバーを移転しなくてもデータベースの再作成からやり直せば、無駄な領域が解放されてパフォーマンス向上につながります。

エックスサーバーに移転しなくてもデータベースを再作成すればスピードアップできるかも、ということですが、移転先が高速サーバーであれば、さらに良いですよね。

WordPressをエックスサーバーに移転する方法

他のレンタルサーバーで稼働しているWordPressをエックスサーバーに移転する方法については、エックスサーバーにマニュアルがあります。

WordPressの移転について

独自ドメインで運用している場合は、ネームサーバーを変更する前にサイトを確認する方法も説明されているので、参考にしてください。

エックスサーバーをおすすめするもう1つの理由

エックスサーバーをおすすめする理由は他にもありますが、万が一のときに助かるのが自動バックアップです。エックスサーバーではホームページやデータベースが自動でバックアップされており、間違って消してしまった場合などに、そのデータを取得することができます(有料)。

もちろん、WordPressでBackWPupなどのプラグインでバックアップをとっていれば問題ありませんが、サイト制作中や移転直後でバックアップを忘れていて、「あっ!消しちゃった!」のようなときにも助かります。とはいえ、有料なので念のためプラグインでバックアップしておく方が無難ですが。

まとめ

「WordPressが遅い!」でお悩みの方、特に「管理画面の動きが悪い!」という方にエックスサーバーをおすすめします。無料お試し期間もあるので、お悩みの方は試してみてください。

エックスサーバーの無料お試しはこちらから
この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
wordpress講座受講予約
WordPress講座の問い合わせ先
脱・初心者を目指すWordPress 189のヒント

関連記事

BizVektorのカスタマイズ

Lightningのカスタマイズ

WordPressカスタマイズ

WordPressプラグイン

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート