WordPress講座(個別相談)

ホームページのフォントを変更して見た目を整えたい場合、Webフォントを使う方法があります。Webフォントは日本語に対応していなかったりインストールが面倒だったりしますが、エックスサーバーでは、WordPressのダッシュボードからモリサワのWebフォント(日本語・30書体)が使用可能になりました。もちろん、無料です。

Webフォントの使用例

Webフォントの使用例

詳しくは、以下のページをご覧ください。

エックスサーバー/Webフォント機能について

次のような制限(2017/6/22時点)があるので注意してください。

エックスサーバーのWebフォントの使用制限
  • Webフォントを使えるのは1つのサイトのみです。
  • 1ヶ月間で25,000PVまでに制限されます。

Webフォントの使い方は以下のページも参考にしてください。

エックスサーバーマニュアル/Webフォント設定/WordPressプラグインでのご利用

使い方を簡単に紹介します。

スポンサーリンク

エックスサーバーでWebフォントを使う方法

Webフォントを使うには、エックスサーバーのサーバーパネルの「ホームページ」‐「Webフォント設定」メニューを開いて、Webフォントを使いたいサイトを選びます。

Webフォントを使うサイトを選択

Webフォントを使うサイトを選択

設定完了後、WordPressのダッシュボードで「プラグイン」‐「新規追加」メニューからTypeSquare Webfonts for エックスサーバープラグインをインストール、有効化します。

Webフォントプラグインのインストール

Webフォントプラグインのインストール

「TypeSquare Webfonts」メニューを開いて、フォントを選びます。設定を完了すると、サイトにフォントが反映されます。

Webフォントを選ぶ

Webフォントを選ぶ

変更結果は次のようになります。

Webフォントの適用結果

Webフォントの適用結果

オリジナルのフォント設定を作成することもできます。

Webフォントの構成を定義する

Webフォントの構成を定義する

「見出しと本文を同じフォントに」など、オリジナルの構成に設定できます。

オリジナルのフォント構成が適用される

オリジナルのフォント構成が適用される

これまでのイメージにとらわれず、さまざまなフォントを組み合わせることができます。

Webフォントの使用例

Webフォントの使用例

以上、エックスサーバーで使えるWebフォントを紹介しました。PVなどに制限がありますが、興味がある方はお試しください。

エックスサーバーのお申し込みはこちらから
(無料で10日間お試しできます)

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
カスタマイズがうまくいかないときは
お急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
wordpress講座受講予約
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

スポンサーリンク