WordPress講座(個別相談)

WordPressの移行(サイトの引っ越し)は面倒に思えるかもしれません。確かに、ファイルやデータベースを別々に手作業でアップロードすると、作業漏れなどが起きて移行が完了するまでかなりの時間がかかる場合があります。その場合、サイト全体を簡単に移行できるAll-in-One WP Migrationプラグインが役立ちます。

以下、All-in-One WP Migrationプラグインの使い方を簡単に説明します。

スポンサーリンク

WordPressの移行の考え方

WordPressサイトのサーバーを移行する場合、ファイルのダウンロード・アップロードに加えてデータベースのエクスポート・インポートが必要です。1つずつ手作業で行ってサーバー移行を完了させることもできますが、設定ファイル(wp-config.php)の書き換えなども必要になるので非常に面倒です。

All-in-One WP Migrationのようなプラグインを使うと、サイト全体を丸ごとエクスポートして新サイトにインポートできるので作業漏れもなく、安全にサーバー移行を完了できます。

注意点として、All-in-One WP Migrationプラグインで旧サイトからエクスポートしたファイルは、新サイトでインポートすることになります。つまり、移転先にはWordPressをインストールしておく必要があります。インストール直後の「Hello world!」が表示された状態で大丈夫です。

そのため、システムがダウンしてしまったWordPressや、ダッシュボードにログインできない状態では移行できないので注意してください。

以下、All-in-One WP Migrationを使ってサイト移行に必要なエクスポートとインポートを行う手順を紹介します。

All-in-One WP Migrationのインストール

「プラグイン」‐「新規追加」メニューからAll-in-One WP Migrationプラグインをインストール、有効化します。

All-in-One WP Migrationプラグインのインストール

All-in-One WP Migrationプラグインのインストール

サイトのエクスポート

「All-in-One WP Migration」‐「Export」メニューをクリックします。

「Export」メニューをクリック

「Export」メニューをクリック

「EXPORT TO」をクリックします。

「EXPORT TO」をクリック

「EXPORT TO」をクリック

「FILE」をクリックします。これにより、1つのファイルにサイト全体のコンテンツがエクスポートされます。エクスポート先は選べますが無料版ではファイル出力のみです。

「FILE」をクリック

「FILE」をクリック

サイトのエクスポートが始まります。

サイトのエクスポート中

サイトのエクスポート中

完了したら、「DOWNLOAD」をクリックしてエクスポートファイルをダウンロードします。

エクスポートされたコンテンツをダウンロード

エクスポートされたコンテンツをダウンロード

サイズに注意してください。500M以上の場合、無料版のAll-in-One WP Migrationではインポートできません。有料版の拡張プラグインが必要になります。

エクスポートファイルはwpressという拡張子です。任意のフォルダに保存します。

wpressファイルを保存

wpressファイルを保存

ダウンロードが完了したら、「CLOSE」をクリックして画面を閉じます。

画面を閉じる

画面を閉じる

サイトのインポート

サイトをインポートするため、「All-in-One WP Migration」‐「Import」をクリックします。

「Import」をクリック

「Import」をクリック

インポートは失敗する可能性もあります。壊れたら困るサイトにお試しでインポートするのは厳禁です。十分にご注意ください。

「IMPORT FROM」をクリックします。

「IMPORT FROM」をクリック

「IMPORT FROM」をクリック

「FILE」をクリックします。

「FILE」をクリック

「FILE」をクリック

事前にエクスポートしたwpressファイルを選択します。

wpressファイルを選択

wpressファイルを選択

サイトのインポートが始まります。

サイトのインポート中

サイトのインポート中

「CONTINUE」をクリックします。

「CONTINUE」をクリック

「CONTINUE」をクリック

データベースの書き換えなどが行われます。

データベースなどが更新される

データベースなどが更新される

完了後、「CLOSE」をクリックします。

「CLOSE」をクリック

「CLOSE」をクリック

もう一度ログインが必要になります。

もう一度ログイン

もう一度ログイン

ログイン中のユーザー情報は上書きされるため使えなくなります。インポートしたサイトのユーザー名とパスワードでログインする必要があります。

これでサイトのインポートは完了です。

固定ページなどで「ページが見つかりません」が表示されるときは「設定」‐「パーマリンク設定」メニューで「変更を保存」ボタンをクリックしてみてください。改善するかもしれません。

まとめ

このようにAll-in-One WP Migrationプラグインを使うと、簡単にサイトを移行することができます。サーバーの移転やテスト環境の構築など幅広く活用できます。ぜひ、お試しください。

ただし、インポートが途中で止まったりする場合があるのでお試し目的で本番環境に気軽にインポートするのは絶対に禁止です。ご注意ください。

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
カスタマイズがうまくいかないときは
お急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
wordpress講座受講予約
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

スポンサーリンク