WordPressサイトをメンテナンス中にしてアクセス制限をかける

レンタルサーバーなどにWordPressをインストールすると、そのWebサイトは公開された状態になります。

ある程度投稿を入力したり固定ページを作成するまで非公開(いわゆる工事中)にするには、メンテナンス系のプラグインをインストールします。

たとえば、Maintenanceプラグインを使うと、Webサイトの公開/非公開を簡単に切り替えることができます。インストール直後は「公開」の状態になっています。

状態を「On」にして「Save changes」をクリックすると、「メンテナンス中」の画面が表示されるようになります。

Webサイトをメンテナンス中にするMaintenanceプラグイン
Webサイトをメンテナンス中にするMaintenanceプラグイン

ユーザー名とパスワードを入力したユーザーのみがWebサイトを閲覧できます。

「メンテナンス中」の画面
「メンテナンス中」のログイン画面

2013年2月26日WordPressの使い方, WordPressプラグイン