WordPress個別サポート

レンタルサーバーなどにWordPressをインストールすると、そのWebサイトは公開された状態になります。

ある程度投稿を入力したり固定ページを作成するまで非公開(いわゆる工事中)にするには、メンテナンス系のプラグインをインストールします。

たとえば、Maintenanceプラグインを使うと、Webサイトの公開/非公開を簡単に切り替えることができます。インストール直後は「公開」の状態になっています。

状態を「On」にして「Save changes」をクリックすると、「メンテナンス中」の画面が表示されるようになります。

Webサイトをメンテナンス中にするMaintenanceプラグイン

Webサイトをメンテナンス中にするMaintenanceプラグイン

ユーザー名とパスワードを入力したユーザーのみがWebサイトを閲覧できます。

「メンテナンス中」の画面

「メンテナンス中」のログイン画面

この記事をSNSで共有する
スポンサーリンク
WordPressでお困りのときはご相談を
細かい質問からCSSやPHPのカスタマイズ、トラブル対応まで、この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
WordPress個別サポートの特徴
  • 最短で本日中に問題解決できます
  • 見積もり無料・料金は終了後の後払いです
  • 銀座教室・スカイプ・出張またはメールで対応します
カスタマイズ・トラブル対応でお急ぎのときは
「カスタマイズがうまくいかない」「突然トラブルが発生した!」などでお急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
WordPress個別サポートの連絡先

WordPress個別サポートへの問い合わせWordPress個別サポートの申し込み

関連記事

スポンサーリンク