WordPress講座(個別相談)
スポンサーリンク

Shortcodes Ultimateの投稿一覧とは

Shortcodes Ultimateの「投稿」メニューを使うと、ショートコードで投稿を一覧表示することができます。カテゴリー指定も可能でアイキャッチ画像や抜粋も表示できるので非常に便利です。

Shortcodes Ultimateの「投稿」メニュー

Shortcodes Ultimateの「投稿」メニュー

ただし、初期設定のデザインでは見出しやアイキャッチ画像が微妙なレイアウトになってしまう場合もあります。たとえば、Lightningでは次のようになります。

Lightningで投稿を一覧表示した例

Lightningで投稿を一覧表示した例

それほど悪く見えないかもしれませんが、見出しとアイキャッチ画像が重なっているのが気になります。BizVektorでは次のようになります。

BizVektorで投稿を一覧表示した例

BizVektorで投稿を一覧表示した例

かなり微妙です。ただ、ショートコードで投稿を一覧表示できる手軽さは大きなメリットなので、レイアウトを修正して対処できれば、と思います。

Shortcodes Ultimateでは投稿一覧に使うテンプレートをカスタマイズできます。

Shortcodes Ultimateの投稿一覧のテンプレートカスタマイズ

投稿一覧のテンプレートはShortcodes Ultimateプラグインのtemplatesフォルダに保存されています。具体的には次のフォルダです。

Shortcodes Ultimateのテンプレートフォルダ

wp-content/plugins/shortcodes-ultimate/templates

保存されているテンプレートは次のとおりです。

Shortcodes Ultimateのテンプレート
  • templates/default-loop.php - 投稿ループ
  • templates/teaser-loop.php - サムネイルとタイトルの記事ループ
  • templates/single-post.php - シングル投稿テンプレート
  • templates/list-loop.php - 記事のタイトルとリスト
templatesフォルダに保存されたテンプレート

templatesフォルダに保存されたテンプレート

このtemplatesフォルダをテーマフォルダにコピーすればカスタマイズできます。典型的には子テーマフォルダに保存することになるでしょう。

子テーマにテンプレートをコピー

子テーマにテンプレートをコピー

これで子テーマにコピーしたテンプレートが読み込まれます。その確認として、子テーマにコピーしたテンプレートの一部を削除してみましょう。反映されるかの確認です。ここではdefault-loop.phpを開いてh2タグを削除しています。

テンプレートの一部を削除してみる

テンプレートの一部を削除してみる

削除が反映されれば成功です。ここでは、見出しが消えたので、このテンプレートが使われていることがわかります。

テンプレートの変更が反映される

テンプレートの変更(見出しの削除)が反映される

反映されていることが確認できれば、元に戻して、あとは自由にカスタマイズすれば大丈夫です。こんな感じにも変更できます。

Shortcodes Ultimateの投稿一覧のカスタマイズ例

Shortcodes Ultimateの投稿一覧のカスタマイズ例

微調整になるので詳細手順は省略しますが、テンプレートの中身はテーマのテンプレートと同じような命令構成なので自由に変更してみてください。興味がある方はご連絡ください。

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
カスタマイズがうまくいかないときは
お急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
wordpress講座受講予約
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

スポンサーリンク