Contact Form 7から送信するメールにページのタイトルを入れたいこともあります。

たとえば、ブログ記事の下に設置した問い合わせフォームです。どのページから送信されたメールなのか判断するためにページのタイトルが入ってくれば便利です。

どの記事への質問なのか、どの物件への問い合わせなのか知ることもできます。

どのページからの問い合わせなのか知りたい

どのページからの問い合わせなのか知りたい

とはいえ、お客様にページのタイトルを入れてもらうのは現実的ではありません。自動でメールに入力されれば助かりますよね。

そんなときはContact Form 7で使える特別なメールタグが役立ちます。

たとえば、[_post_title]にはページのタイトルが入ってきます。また、[_post_url]はページのURLです。

これらのメールタグをコンタクトフォームの設定画面に入力すれば、どのページから送信されたメールなのか知ることができます。

たとえば、「メッセージ本文」を次のように組み立てます。

差出人: [your-name] <[your-email]>

問い合わせ元のページ:[_post_title]
URL:[_post_url]

メッセージ本文:
[your-message]

これにより、送信されるメールにページタイトルやURLが入ってきます。

メール本文にページタイトルやURLが入ってくる

メール本文にページタイトルやURLが入ってくる

これで、どのページから送信されたメールなのか知ることができます。どの記事の感想なのか、どの物件への問い合わせなのか、さまざまなケースで役立ちます。

Contact Form 7で使える特別なメールタグについて詳しくは以下のページも参考にしてください。

【参考】特別なメールタグ | Contact Form 7 [日本語]

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
お急ぎの方はWordPressメールサポートもご利用ください。
wordpress講座受講予約
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

スポンサーリンク