WordPress個別指導・カスタマイズ・トラブル対応
WordPressの使い方

BizVektorのカスタマイズ

BizVektorのカスタマイズ

BizVektor Global Editionで子テーマのインストールに失敗するときの対処方法を紹介します。原因はBizVektor Global Editionで使っているフォルダが子テーマサンプルの指定と異なることです。フォルダ名を修正すれば解決します。

BizVektorのヘッダー画像の上に別の画像を重ねて表示する方法を紹介します。「申し込みはこちら」や「こちらからクーポンをGet」のようなボタンやバナー画像を表示するのが定番の活用例です。たとえば、こんな感じです。 B ...

遅いサイトは集客にも影響が出ます。お悩みの方はぜひ、「ConoHa WING」をお試しください。私も使ってますが「国内最速レンタルサーバー」という噂どおりWordPressのダッシュボードもサクサク動くので感動です。

スポンサーリンク

BizVektor NEATでグローバルメニューのアイコンの色を変更する方法を紹介します。メニューで設定できる「キーカラー」はアイコンだけでなくサイト全体に反映されてしまうため、工夫が必要です。気になる方は参考にしてください。

現状はグローバルメニューの下にヘッダー画像が表示されますが、この順番を逆にしてヘッダー画像の下にグローバルメニューを表示する方法を紹介します。 グローバルメニュー上のロゴ画像を画面いっぱいに広げる作戦です。PHPは変更せずCSSで実現します。

WordPressのサイト制作時に「グローバルメニューにアイコンを付けたい」とか、「サイドバーにアイコンを入れたい」という要望をよく聞きます。そこでBizVektorを例にヘッダーや電話番号、3PRエリア、サイドバーなどにアイコンを入れる例を紹介します。アイコンフォント「Font Awesome」を使っています。

「BizVektorのフッターからコピーライトを削除したい」は、BizVektorのカスタマイズでも人気のある要件です。ここでは、コピーライトを削除できるFooterPoweredDeleteプラグインを紹介します。コピーライトを消すだけではなく、将来的にPHPを使ってBizVektorをカスタマイズしたい方の参考にもなります。

BizVektorのフッターに背景画像を入れる方法を紹介します。背景画像と飾り罫線をアイデア次第で組み合わせてカスタマイズしたり違和感のある部分は微調整してください。検証したバージョンはBizVektor 1.7.8/Defaultデザインスキンです。

BizVektorのグローバルメニューについて、メニュー全体のフォントサイズを設定する方法や個別のメニュー項目だけ微調整する方法を紹介します。子要素のフォント設定がうまくいかない定番の原因も説明します。

BizVektorで投稿をグリッド表示できるGrid Unitプラグインを紹介します。トップページに複数のグリッドを配置でき、カスタム投稿も簡単にグリッド表示できるので、アイデア次第で活用できます。3PRエリアを拡張する6PRエリアのように使っても面白いですね。

« 1 2 3 4 7 »
カスタマイズ・トラブル対応でお急ぎのときは
「カスタマイズがうまくいかない」「突然トラブルが発生した!」などでお急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
スポンサーリンク

最近の投稿

最近の投稿

その他の記事を読む
(記事総数:620本) 
  • twitter
【LP作成に】Danganページビルダー
LPを組み立てるように作れます。
【高速サーバー】ConoHa WING
国内最速との噂です。

お困りのときはご相談ください

ホームページ作成講座 WordPress個別サポート WordPressメールサポート
wordpress講座受講予約
西沢直木のIT講座
PAGETOP