WordPress講座(個別相談)

「BizVektorのフッターからコピーライトを削除したい」は、BizVektorのカスタマイズでも人気上位の要件です。

BizVektorのコピーライトを削除したい

BizVektorのコピーライトを削除したい

さっそくこの記事で方法を紹介しようと思いましたが、やめておきます。

なぜなら、コピーライトを削除するプラグイン「BizVektor FooterPoweredDelete」が販売されているからです。消し方をブログで公開するのは申し訳ないですよね。

というわけで私も購入させていただきました。買う前に自力で消したので必要なかったのですが、これまでBizVektorという素晴らしいテーマを使わせていただきながら何のお礼もしていないので、せめてもの恩返しのつもりで購入しました。

コピーライトを消したい方はもちろんですが、BizVektorに何か恩返ししたい方も、購入してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

FooterPoweredDeleteの使い方

FooterPoweredDeleteプラグインを購入してからコピーライトが削除されるまでの流れを紹介します。

  1. コピーライトを消したいWordPressサイトの管理画面を開いて、「プラグイン」‐「新規追加」メニューを選択します。
    「プラグイン」‐「新規追加」を開く

    「プラグイン」‐「新規追加」を開く

  2. 画面上部の「プラグインのアップロード」をクリックします。
    「プラグインのアップロード」をクリック

    「プラグインのアップロード」をクリック

  3. 「参照」ボタンをクリックして、ダウンロードしたFooterPoweredDeleteプラグインのファイル(例:biz-vektor-footerPowerdDelete_v010.zip)を選択します。
    「参照」ボタンをクリックしてプラグインファイルを選択

    「参照」ボタンをクリックしてプラグインファイルを選択

    ※ダウンロードしたファイルが見つからないときは「ダウンロード」フォルダなどを探してみてください。

  4. プラグインを選択後、「いますぐインストール」をクリックします。
    プラグインをインストール

    プラグインをインストール

  5. インストールが完了したら、「プラグインを有効化」をクリックします。
    「プラグインを有効化」をクリック

    「プラグインを有効化」をクリック

  6. これで完了です。特別な設定をしなくてもフッターのコピーライトが消えます。
    フッターのコピーライトが消える

    フッターのコピーライトが消える

    見なくなっただけではなくHTMLソースから「powerd」というdivブロック自体がスッキリと消えます。

脱・初心者を目指す方にも参考になるFooterPoweredDelete

FooterPoweredDeleteプラグインは、脱・初心者を目指す方にも参考になります。

脱・初心者を目指すときに課題になるのは「PHPを使ったカスタマイズ」です。テーマのカスタマイズにはCSSだけでなく、PHPを使う方法もあります。

PHPを使ったカスタマイズで役立つのが「フック」という仕組みで、主にfunctions.phpなどにPHPスクリプトを入力することになります。

このフックという仕組みでコピーライトを消しているのがFooterPoweredDeleteです。「コピーライトを消す」だけでコードがシンプルなので、自分でオリジナルのフックを作るときの参考にもなります。

BizVektorにはフッターのコピーライト以外にもフックを使って外側からカスタマイズできる項目がいくつもあります。脱・初心者を目指す方はフックを掘り下げてみると楽しくBizVektorをカスタマイズできるようになるでしょう。

その意味で、「PHPを使ってテーマのカスタマイズにチャレンジしたい!」と考えている脱・初心者を目指す方もFooterPoweredDeleteプラグインをインストールしておいて損はないです。ぜひ、ご利用ください。

コピーライトを消す「FooterPoweredDelete」の購入はこちらから

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
カスタマイズがうまくいかないときは
お急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
wordpress講座受講予約
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

スポンサーリンク