wpフォルダなどにインストールしたワードプレスをルートで動かしたいとき(例:http://example.com/wp を http://example.com/ で動かす)、「設定」‐「一般」メニューでサイトアドレスを変更するのが一般的です。

▼参考サイト
WordPressアドレスとサイトアドレスの違い

ところが、サイトアドレスの変更後にダッシュボードにアクセスできなくなる場合があります。

SSL系のプラグインWordPress HTTPSプラグインが原因かもしれません。

以下、状況の再現から対処方法まで紹介します。

まず、ドメインの「wp」フォルダ(例:http://example.com/wp)にワードプレスをインストールします。

「wp」フォルダにワードプレスをインストール

「wp」フォルダにワードプレスをインストール

そのワードプレスにWordPress HTTPSプラグインをインストールします。

WordPress HTTPSプラグインをインストール

WordPress HTTPSプラグインをインストール

続いて、このワードプレスに「http://example.com/wp」ではなく「http://example.com/」でアクセスできるように「設定」‐「一般」メニューでサイトアドレスから「/wp」を削除します。WordPressアドレスは「wp」付きのままです。

サイトアドレスから「/wp」を削除

サイトアドレスから「/wp」を削除

変更後、wpフォルダにあるindex.phpを1つ上の階層にコピーして、最後の行を変更します(/wpを追加)。

・現在
require( dirname( __FILE__ ) . '/wp-blog-header.php' );

・変更後
require( dirname( __FILE__ ) . '/wp/wp-blog-header.php' );

これで「http://example.com/wp」にインストールしたワードプレスに「http://example.com/」でアクセスできるようになりますが、問題はここからです。

ダッシュボードにアクセスすると、「このウェブページにアクセスできません」と表示されます。

ダッシュボードにアクセスできない

ダッシュボードにアクセスできない

原因はWordPress HTTPSプラグインによって「wp」付きのアドレスがデータベースに格納されているためです。

「wp」付きのアドレスが格納されている

「wp」付きのアドレスが格納されている

このアドレスから「wp/」を削除します。

対処方法は、ワードプレスデータベースのwp_optionsテーブルから、option_nameフィールドが「wordpress-https_ssl_host」のデータを探して、option_valueフィールドの「http://example.com/wp/」からフォルダ名の「wp/」を削除します。

難しそうな場合は

  • WordPress HTTPSプラグインを無効化して別のSSL系のプラグインを探す
  • 「西沢直木のIT講座」の個別サポートに相談する

で対処しましょう。

アドレスからwpを削除

アドレスからwpを削除

これで、ダッシュボードにアクセスできるようになります。

ダッシュボードが表示される

ダッシュボードが表示される

データベースを編集するツールはphpMyAdminが有名です。ロリポップやエックスサーバー、さくらインターネットなどでは使用可能になっています。よくわからない場合はワードプレス個別サポートにご相談ください。
この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
WordPressの使い方・カスタマイズ・トラブル対応など、ご相談ください。
お問い合わせはこちらから
【対応料金の見積もりは無料です】
wordpress講座受講予約
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

スポンサーリンク