WordPress個別サポート

ローカル環境でWordPressを使う場合などに問題になるのがメールサーバーです。ローカル環境にメールサーバーを稼働させるのは面倒でしょうから、メール送信用に外部のメールサーバー(SMTP)を使えると楽です。

その場合に役立つのがWP Mail SMTPプラグインです。メール送信用にsmtp.gmail.comなどの外部SMTPサーバーを設定することができます(そのドメインのアカウントが必要です)。

WP Mail SMTPプラグインでSMTPサーバーを設定するには、インストール後、「設定」‐「メール」メニューを開いて各項目を設定します。

メール詳細設定の「From Email」、「From Name」は任意です(メールを送信するプラグインでも設定可能でしょう)。
「メーラー」では「WordPressの全てのメールをSMTP経由で送信する。」を選択します。

WordPressのメールをSMTP経由で送信

WordPressのメールをSMTP経由で送信

SMTP設定では、メール送信に使うSMTPサーバーを設定します。

SMTP設定

SMTP設定

使用するサーバーによって異なるかもしれませんが、gmail.comを使う場合は次のようになります。

SMTP Host:smtp.gmail.com
SMTP Port:465
Encryption:SSLを使用する。
Authentication:はい: SMTP認証を使用します。
Username:アカウント名(例:xxxxxxxxxx@gmail.com)
Password:パスワード

「設定」‐「一般」メニューで設定した管理者メールアドレスのドメインとSMTPサーバーのドメインが異なる場合、メール送信がうまくいかない場合があります。

設定を保存するため「変更を保存」ボタンをクリックします。

テストメールを送信するには、「宛先」にメールアドレスを入力して「テストメールを送信」をクリックします。

テストメールの送信

テストメールの送信

うまくいけば次のようなテストメールが届きます。

届いたテストメール

届いたテストメール

次のようなエラーメッセージが表示されている場合は失敗です。

テストメールの送信が失敗

テストメールの送信が失敗

※テストメールの送信だけではテストは不十分です。サイトのお問い合わせフォームなどからも正しくメールが届くかどうか確認しましょう。特に、送信者が「wordpress@example.com」のようなアドレスになっていないか(フォームから入力した送信者のメールアドレスと違う)注意しましょう。

この記事をSNSで共有する
スポンサーリンク
WordPressでお困りのときはご相談を
細かい質問からCSSやPHPのカスタマイズ、トラブル対応まで、この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
WordPress個別サポートの特徴
  • 最短で本日中に問題解決できます
  • 見積もり無料・料金は終了後の後払いです
  • 銀座教室・スカイプ・出張またはメールで対応します
カスタマイズ・トラブル対応でお急ぎのときは
「カスタマイズがうまくいかない」「突然トラブルが発生した!」などでお急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
WordPress個別サポートの連絡先

WordPress個別サポートへの問い合わせWordPress個別サポートの申し込み

関連記事

スポンサーリンク