WordPress個別サポート

WordPressサイトを簡単にバックアップできるBackWPupですが、異常に時間がかかったり、なかなか終わらなかったりすることもあります。

サーバーの問題であれば仕方ありませんが、バックアップするファイルの容量が大きすぎることが原因かもしれません。場合によっては不要なファイルをバックアップして無駄にサイズが大きくなっているかもしれません。これを機に見直してみましょう。

スポンサーリンク

BackWPupによるバックアップファイルのサイズ確認

バックアップのサイズを調べるには「BackWPup」‐「バックアップ」メニューを開きます。バックアップファイルの名前やサイズをチェックできます。

BackWPupのバックアップファイルのサイズ

BackWPupのバックアップファイルのサイズ

運営歴が長いサイトでは数百メガバイトから数ギガバイトになることもありますが、5ギガ、10ギガなどになると、今回のバックアップに含める必要のないファイルまでバックアップしている可能性があります。

BackWPupのファイルバックアップの設定確認

不要なファイルをバックアップしていないかチェックしてみましょう。それには、BackWPupでバックアップしているファイルを確認するには「BackWPup」‐「ジョブ」メニューから「編集」をクリックしてバックアップの設定画面を開きます。

バックアップの設定画面を開く

バックアップの設定画面を開く

「ファイル」タブを開くと、バックアップ対象のフォルダを確認できます。初期設定ではコンテンツフォルダ(wp-content)全体(1)をバックアップするように設定されています。もちろん、これでも問題ありませんが、容量が気になる場合は不要なフォルダをバックアップから除外(2)することができます。

バックアップフォルダの設定

バックアップフォルダの設定

ここでは、ai1wm-backupsフォルダ(3)をバックアップ対象から除外しています。このフォルダはAll-in-One WP Migrationプラグインで作成したバックアップが保存されます。同じようにwp-snapshotsフォルダにはDuplicatorプラグインで作成したバックアップが保存されます。

こうしたファイル、フォルダはバックアップ不要でしょうから、BackWPupのバックアップファイル設定で除外しておくとよいでしょう。

他にもバックアップ不要なファイルやフォルダに思い当たることがあれば、対象から除外しましょう。バックアップ容量が小さくなり、バックアップに時間がかかるとか、バックアップがなかなか終わらないという問題を解決できるかもしれません。

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
細かい質問からCSSやPHPのカスタマイズ、トラブル対応まで、この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
WordPress個別サポートの特徴
  • 最短で本日中に問題解決できます
  • 見積もり無料・料金は終了後の後払いです
  • 銀座教室・スカイプ・出張またはメールで対応します
トラブル解決でお急ぎのときは
お急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
こんなときはご相談ください(相談・見積もり無料)
  • ログインできなくなった
  • 画面が真っ白(500エラー)になった
  • 間違ってサイトを消してしまった
  • 引っ越し・SSL対応がうまくいかない
  • CSS・PHPのカスタマイズがうまくいかない
WordPress講座の問い合わせ先
WordPress講座申し込み
メールで問い合わせ

関連記事

スポンサーリンク