WordPressメールサポート

Google Search Consoleからインデックスカバレッジの問題として「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」とメッセージが届くことがあります。

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」

インデックス カバレッジは Google 検索結果で悪影響を受ける可能性がございますと書かれているので気になりますよね。

インデックス カバレッジ」は Google 検索結果で悪影響を受ける可能性が

インデックス カバレッジ」は Google 検索結果で悪影響を受ける可能性が

警告ではないので焦る必要はありませんが、対策を紹介します。

スポンサーリンク

noindexとは

noindexとは簡単に言えば「検索結果に出さないで」の指定です。サイト制作者が設定することができます。

SEOで不利になりそうなページや、検索結果に出てほしくないページにnoindexを設定するような用途です。

Google Search Consoleの「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」とは、あなたのサイト内で「検索結果に出なくて良い」(noindex)と指定されたページがありますよ、のお知らせです。

警告ではないので、理解してnoindexに設定した記憶があれば放置しておいても構いませんが、うっかり検索結果に出さない設定を解除し忘れていることもあります。

検索結果に出さない設定になっていないかチェック

大丈夫だと思いますが、「設定」‐「表示設定」メニューの「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」がチェックされていないか確認しましょう。

検索結果に出ない設定

検索結果に出ない設定

チェックされていると基本的には検索結果に出ません。「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」のメッセージの原因にもなります。検索結果に表示してほしければチェックを外してください。

個々のページがnoindexになっていないかチェック

All in One SEO Packのようなプラグインを使うと、個々の投稿や固定ページをnoindexに設定できます。

個々の投稿や固定ページのnoindex設定

個々の投稿や固定ページのnoindex設定

理解してnoindexに設定したのであれば問題ありませんが、検索結果に出ないと困る場合はチェックを外しておきましょう。

なぜか「noindexにすればSEOに効果的で検索順位が上がる」のようなテクニックの本質を理解せずに、いろいろなページをnoindexに設定されている方がいるようなので、十分にご注意ください。

sitemap.htmlが作成されていないかチェック

意外なところでGoogle XML Sitemapsプラグインが原因の場合があります。

「設定」‐「XML-Sitemap」メニューの「基本的な設定」で「HTML形式でのサイトマップを含める」がチェックされていると、sitemap.htmlというHTML形式のサイトマップが出力されます。

HTML形式のサイトマップが作成される

HTML形式のサイトマップが作成される

このHTML形式のサイトマップは検索結果に出る必要がないのでnoindex設定になっており、Google Search Consoleで「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」になります。

通常はこのsitemap.htmlは不要です。チェックを外しておきましょう。

これでnoindexのメッセージは消えるはずです。

これらのnoindex解除についてはリアルタイムで反映されるわけではないので、検索結果に出てくるまで、しばらく時間が必要なこともあります。

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
お急ぎの方はWordPressメールサポートもご利用ください。
wordpress講座受講予約
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

スポンサーリンク