WordPress個別サポート

MTS Simple Bookingビジネス版では「contact」というスラッグの固定ページに対して自動で問い合わせフォームを表示してくれます。これは便利ですが、すでに「http://example.com/contact」のようなURLに問い合わせフォームを作成済みの場合、フォームが2つ表示されてしまいます。

問い合わせフォームが2つ表示される

問い合わせフォームが2つ表示される

これを防ぐには問い合わせフォームのURL(スラッグ)を「contact」以外にするのが簡単ですが、どうしても「contact」というURLで作成済みの問い合わせフォームを使いたい場合は、プラグイン本体を修正する方法があります。

プラグイン本体を修正するのは、よほど場合を除いておすすめできませんが、どうしても「contact」で自作の問い合わせフォームを表示したい方は参考にしてください。

修正するのはmts-simple-booking.phpの74行目あたりです(バージョン1.20.0の場合)。次のように問い合わせフォームを表示するページのスラッグとして「contact」が設定されているので、任意の文字に変更して逃げることができます。

const PAGE_CONTACT = 'contact';

たとえば、次のように「contactx」とでも変更しておけば大丈夫です。

const PAGE_CONTACT = 'contactx';

これで、「contact」というスラッグのページに自動でMTS Simple Bookingビジネス版による問い合わせフォームは表示されなくなります。

プラグイン本体を修正しているのでバージョンアップの後には、この変更はリセットされます。もう一度、忘れずに同じ作業をする必要があります。その意味でプラグイン本体の修正はおすすめできませんが、「どうしても修正したい」という方は参考にしてください。

この記事をSNSで共有する
スポンサーリンク
WordPressでお困りのときはご相談を
細かい質問からCSSやPHPのカスタマイズ、トラブル対応まで、この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
WordPress個別サポートの特徴
  • 最短で本日中に問題解決できます
  • 見積もり無料・料金は終了後の後払いです
  • 銀座教室・スカイプ・出張またはメールで対応します
トラブル解決でお急ぎのときは
お急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
こんなときはご相談ください(相談・見積もり無料)
  • ログインできなくなった
  • 画面が真っ白(500エラー)になった
  • 間違ってサイトを消してしまった
  • 引っ越し・SSL対応がうまくいかない
  • CSS・PHPのカスタマイズがうまくいかない
WordPress個別サポートの連絡先

WordPress個別サポートへの問い合わせWordPress個別サポートの申し込み

関連記事

スポンサーリンク