WordPress個別サポート

WordPressの予約プラグインMTS Simple Bookingビジネス版では予約時に選択するコースなどを「予約システム」‐「オプション設定」メニューからオプションとして追加できます。

オプションで追加できる予約時のコース

オプションで追加できる予約時のコース

このオプション項目は未入力(未選択)の場合は「この項目は必ず入力して下さい。」というエラーメッセージが表示されますが、細かいところを気にする方は「コースが選択されていません」などに変更することができます。

既定のエラーメッセージは「この項目は必ず入力して下さい。」

既定のエラーメッセージは「この項目は必ず入力して下さい。」

次のようなコードをテーマのfunctions.phpなどに入力すると、エラーメッセージを変更することができます。

/* オプション項目のメッセージを設定する */
function my_mtssb_option_validate_course($temp, $temp2) {
    if (!$temp2['value']) {
        $temp['result'] = false;
        $temp['message'] = 'コースが選択されていません';
    }

    return $temp;
}
add_filter('mtssb_option_validate_course', 'my_mtssb_option_validate_course', 10, 2);

2箇所「course」と入っていますが、この部分は「予約システム」‐「オプション設定」メニューで設定したオプション項目の「項目のキー名」(以下の図)に合わせて変える必要があります。

オプション項目の「項目のキー名」

オプション項目の「項目のキー名」

上記のコードの3行目から6行目は、オプションが選択されていないときにエラーメッセージをカスタマイズして表示するという意味のコードです。あくまで1つの例で、「コース」のように単一選択の項目以外の場合はロジック変更が必要な場合もあります(例:「入力した金額が100円未満の場合はエラー」にしたい場合など)。

これにより、必須選択のコースが選ばれていない場合は「コースが選択されていません」のようにエラーメッセージを表示することができます。

カスタマイズしたエラーメッセージが表示される

カスタマイズしたエラーメッセージが表示される

この記事をSNSで共有する
スポンサーリンク
WordPressでお困りのときはご相談を
細かい質問からCSSやPHPのカスタマイズ、トラブル対応まで、この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
WordPress個別サポートの特徴
  • 最短で本日中に問題解決できます
  • 見積もり無料・料金は終了後の後払いです
  • 銀座教室・スカイプ・出張またはメールで対応します
カスタマイズがうまくいかないときは
お急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
こんなときはご相談ください(相談・見積もり無料)
  • サイトのデザインをカスタマイズしたい
  • CSS・PHPのカスタマイズがうまくいかない
  • 引っ越し(サーバー移転)したい
  • サイトをSSL対応(https://)したい
WordPress個別サポートの連絡先

WordPress個別サポートへの問い合わせWordPress個別サポートの申し込み

関連記事

スポンサーリンク