WordPress個別サポート

BizVektorではAll in One SEO Packプラグインを使うことは推奨されていません。大きな理由はmetaタグ(meta description・meta keywords)が重複することです。

meta descriptionとmeta keywordsが重複する

meta descriptionとmeta keywordsが重複する

対処は簡単で、All in One SEO Packプラグインを使わない、または、BizVektorを使わない、どちらかの方法で解決できます。

とはいえ、どうしてもBizVektorとAll in One SEO Packプラグインを一緒に使いたいという方のために、metaタグの重複を取り除く方法を紹介します。

ただし、この記事では「こうすれば安全にBizVektorとAll in One SEO Packを一緒に使えますよ!」とおすすめするわけではありませんのでご注意ください。

あくまで、metaタグの重複を解消する方法を紹介するだけです。

以下、BizVektorで対処する方法と、All in One SEO Packで対処する方法を紹介します。

検証したバージョンはBizVektor v1.7.5とAll in One SEO Pack 2.2.6.2です。
スポンサーリンク

BizVektorで対処する場合

meta descriptionの削除

BizVektorが出力するmeta descriptionはheader.phpから次の行を消せば削除できます。

<meta name="description" content="<?php getHeadDescription(); ?>" />

meta keywordsの削除

BizVektorのmeta keywordsはheader.phpで実行されるwp_headの中で出力されるイメージです。wp_headに追加されたbiz_vektor_seo_set_HeadKeywordsフックによって出力されるので、そのフックを削除すればmeta keywordsを取り除くことができます。

具体的にはBizVektorの子テーマのfunctions.phpに次のコードを入力します。

/* BizVektorのmeta keywordsを削除 */
function remove_meta_keywords() {
	remove_action('wp_head', 'biz_vektor_seo_set_HeadKeywords', 1);
}
add_action( 'after_setup_theme', 'remove_meta_keywords', 100);

All in One SEO Packで対処する場合

meta descriptionの自動生成を停止

新しいバージョンのAll in One SEO Pack(ここではバージョン2.3.11.1で検証)では、「All in One SEO」‐「一般設定」メニューの「詳細設定」セクションでAll in One SEO Packによるmeta descriptionの自動出力を停止することができます。

meta descriptionの自動出力の停止

meta descriptionの自動出力の停止

  • 「説明では抜粋を使用しない」をチェック
  • 「ディスクリプションを自動生成」のチェックを外す

上記のメニューが存在しない場合は次のような方法でmeta descriptionの自動出力を停止することができます。

meta descriptionの削除

All in One SEO Packが出力するmeta descriptionは次のコードをBizVektor子テーマのfunctions.phpに入力することで削除できます。

/* All in One SEO Packのmeta descriptionを削除 */
add_filter( 'aioseop_description', '__return_false', 100);

meta keywordsの削除

All in One SEO Packが出力するmeta keywordsは「All in One SEO」‐「General Settings」メニューで「Use Keywords」を「利用停止」にすることで出力しないように設定できます。

All in One SEO Packのmeta keywordsを出力しない

All in One SEO Packのmeta keywordsを出力しない

念のため書きますが、上記の4パターンを全て行うとmeta keywords・meta descriptionがすべて非表示になるので注意してください。BizVektorまたはAll in One SEO Packのどちらのmetaタグを取り除くのかは、ご自身で判断してください。
この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
細かい質問からCSSやPHPのカスタマイズ、トラブル対応まで、この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
WordPress個別サポートの特徴
  • 最短で本日中に問題解決できます
  • 見積もり無料・料金は終了後の後払いです
  • 銀座教室・スカイプ・出張またはメールで対応します
トラブル解決でお急ぎのときは
お急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
こんなときはご相談ください(相談・見積もり無料)
  • ログインできなくなった
  • 画面が真っ白(500エラー)になった
  • 間違ってサイトを消してしまった
  • 引っ越し・SSL対応がうまくいかない
  • CSS・PHPのカスタマイズがうまくいかない
WordPress講座の問い合わせ先
WordPress講座申し込み
メールで問い合わせ

関連記事

スポンサーリンク