WordPress講座(個別相談)

WordPressで画像をアップロードしたときなどに「このサイトのアップロードサイズ上限を超えています」と表示されることがあります。原因はアップロードできるファイルのサイズ制限です。以下の例では2Mに制限されているので、それ以上のファイルをアップロードすると、このエラーメッセージが表示されます。

アップロードサイズ制限でエラーになる

アップロードサイズ制限でエラーになる

アップロードサイズの上限を変更することで解決できます。その方法をいくつか紹介します。

スポンサーリンク

アップロードサイズの上限を変更する方法

PHP設定ファイル(php.ini)を変更する

ローカル環境での作業など、php.iniを簡単に変更できる場合はupload_max_filesizeやpost_max_sizeを変更してみましょう。変更後はWebサーバーの再起動が必要です。

アップロードサイズ制限を変更
  • upload_max_filesize --- 「2M」を「10M」などに
  • post_max_size --- 「8M」を「10M」などに

レンタルサーバーのメニューからPHP設定を変更する

さくらインターネットでは「PHP設定の編集」メニューを開いて上記の設定を入力しても大丈夫です。その場合、Webサーバーを再起動する必要はありません。具体的には次のようなコードを入力します。

upload_max_filesize = 10M
post_max_size = 10M

ロリポップではユーザー専用ページで「Webツール」‐「PHP設定」メニューを開いて、該当するドメインの「php.ini」‐「設定」(1)をクリックします。

PHP設定の変更

PHP設定の変更

CGI版のPHPのみPHP設定を変更できます。モジュール版の場合はCGI版に変更(2)して「変更」ボタン(3)をクリックすればモジュール版からCGI版に変更できますが、変更することでサイトが動作しなくなる可能性もあるので要注意のうえ、自己責任でお願いします。

変更できる場合は設定画面を開いて、「upload_max_filesize」を「20M」に変更します。

upload_max_filesizeを20Mに変更

upload_max_filesizeを20Mに変更

設定できたら「php.iniを設定する」ボタンをクリックします。

PHP設定の変更

PHP設定の変更

PHP設定の安易な変更はサイト動作に悪影響を与える場合があります。この記事で変更を推奨しているわけではありませんので慎重に自己責任で作業してください。

Increase Max Upload Filesizeプラグインを使う

「プラグイン」‐「新規追加」メニューからIncrease Max Upload Filesizeプラグインをインストール、有効化します。

Increase Max Upload Filesizeプラグインのインストール

Increase Max Upload Filesizeプラグインのインストール

「Max File Size」メニューを開いて新たに設定したいサイズ上限を入力します。バイト単位のサイズを数字で入力する必要があり、たとえば、1Mは「1024000」なので10Mの場合は「10240000」になります。「submit」ボタンをクリックすると設定完了です。

サイズ制限を10Mに変更

サイズ制限を10Mに変更

設定が反映されない場合は、プラグイン以外の方法で対処してみてください。

アップロードサイズ制限の変更後

もう一度「メディアを追加」ボタンをクリックすると、10Mまでアップロードできるようになっています。

サイズ制限が10Mになっている

サイズ制限が10Mになっている

変更が反映されない場合は、作成中のページを開き直してみてください。

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
トラブル解決でお急ぎのときは
お急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
wordpress講座受講予約
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

スポンサーリンク