WordPress個別サポート

WordPressユーザーのパスワードを忘れてしまった時など、ダッシュボードにログインできなくなってしまった場合、一般的にはログイン画面の「パスワードをお忘れですか?」をクリックして、パスワードリセット用のメールを受け取ることで、パスワードを再設定できます。

パスワードのリセット

パスワードのリセット

詳しくは以下のページを参照してください。

WordPressユーザーのパスワードをリセットする方法

スポンサーリンク

パスワードリセットが機能しないこともある

ところが、このパスワードリセット用のメールを受信して、示されたURLにアクセスすると、

「そのキーは無効なもののようです。」

というエラーメッセージが表示されて、先に進めないことがあります。つまり、この方法ではパスワードを再設定できません。

パスワードリセットメールでパスワードを再設定できない場合、上記の記事でも紹介しているようにphpMyAdminというデータベース管理ツールを使って、WordPressデータベースを直接変更することで、ブラウザ上で任意のパスワードを設定できますが、データベースツールに慣れていないと難しいかもしれません。

パスワードリセットの最終手段

そんな方には、ユーザー名とパスワードを入力することで、ブラウザからパスワードを簡単に変更できるツールがあります。仕組みはphpMyAdminと同じですが、ユーザー名とパスワードを入力するだけで済むので簡単です。

WordPressのパスワードリセットツール

WordPressのパスワードリセットツール

非常に便利ですが、使い方を間違えると怖いことになるので、ここで具体的に紹介するのはやめておきます。どうしても困っている方は、WordPress個別指導で後始末まで一緒にサポートさせていただきます。ご相談ください。

※使い方を間違えると怖いというのは、このツールを消し忘れると、見知らぬ第三者にWordPressのパスワードを自由に変更されてしまうということです。「気をつけましょう」と書くだけでは紹介する方としても怖いので、具体的な紹介は割愛します。

パスワードをリセットするツールというと、ハッキングや不正行為のような怪しい行為のように思われるかもしれませんが、このツールは違法ツールでも不正ツールでもありません。

仕組みはphpMyAdminのようなデータベース管理ツールと同じで、細かい話をすればWordPressデータベースのユーザーテーブル(例:wp_users)のパスワードフィールド(user_pass)に対して更新(UPDATEコマンド)を実行するというものです。

このツール自体は便利で安全なツールです。ただし、何度も同じことを書きますが削除し忘れると怖いことになるので、具体的には紹介いたしません。どうしてもという方は自力で検索するか、WordPress個別指導にご相談ください。

この記事をSNSで共有する
スポンサーリンク
WordPressでお困りのときはご相談を
細かい質問からCSSやPHPのカスタマイズ、トラブル対応まで、この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
WordPress個別サポートの特徴
  • 最短で本日中に問題解決できます
  • 見積もり無料・料金は終了後の後払いです
  • 銀座教室・スカイプ・出張またはメールで対応します
トラブル解決でお急ぎのときは
お急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
こんなときはご相談ください(相談・見積もり無料)
  • ログインできなくなった
  • 画面が真っ白(500エラー)になった
  • 間違ってサイトを消してしまった
  • 引っ越し・SSL対応がうまくいかない
  • CSS・PHPのカスタマイズがうまくいかない
WordPress個別サポートの連絡先

WordPress個別サポートへの問い合わせWordPress個別サポートの申し込み

関連記事

スポンサーリンク