WordPress個別サポート

WordPressをPHP 7にバージョンアップしたときなどに「Warning」や「Notice」というメッセージが表示されることがあります。これらは画面が真っ白(HTTP 500 エラー)になるほど重大なエラーではありません。あくまで警告や注意のレベルなので動作に問題ありませんが、できれば非表示にしたいですよね。

プラグインが原因のWarningが表示される

プラグインが原因のWarningが表示される

エラーメッセージはこんな感じです。これを見ると原因のプラグインやテーマがわかります。この例ではwordpress ping optimizerプラグインの問題のようです。

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/…略…/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

スポンサーリンク

wp-config.phpでWarningを非表示に

よくある原因として、テストのためエラーメッセージを表示する設定(デバッグモード)にしたのを元に戻し忘れてそのまま放置していることがあります。

その場合、wp-config.phpのWP_DEBUGの部分がtrueになっているはずなので、ここをfalseに設定すれば大丈夫です。具体的には次のようになります。

define('WP_DEBUG', false);

すでにこの状態なのに「Warning」や「Notice」が表示される場合、他の方法が必要です。問題のあるプラグイン本体を修正したくなるかもしれませんが、あまりおすすめできません。アップデートしたら元に戻ってしまうので。

WordPressプラグインでWarningを非表示に

そんなときはFree Customizeプラグインのように、アップデートしなくて済むカスタマイズ用のプラグインを使って、「Warning」や「Notice」などのエラーメッセージを非表示にする方法があります。

具体的には上記のプラグインをインストールして、PHPファイル(free-customize.php)に次のようなコードを入力します。

error_reporting(0);

入力したイメージは次のようになります。

コードの入力イメージ

コードの入力イメージ

これにより、「Warning」や「Notice」を含めてすべてのエラーメッセージが消えます。

エラーメッセージが消える

エラーメッセージが消える

error_reportingは画面に表示するエラーメッセージのレベルを設定するPHPの関数です。「error_reporting(0);」はエラーメッセージを一切表示しない設定です。

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
細かい質問からCSSやPHPのカスタマイズ、トラブル対応まで、この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
WordPress個別サポートの特徴
  • 最短で本日中に問題解決できます
  • 見積もり無料・料金は終了後の後払いです
  • 銀座教室・スカイプ・出張またはメールで対応します
トラブル解決でお急ぎのときは
お急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
こんなときはご相談ください(相談・見積もり無料)
  • ログインできなくなった
  • 画面が真っ白(500エラー)になった
  • 間違ってサイトを消してしまった
  • 引っ越し・SSL対応がうまくいかない
  • CSS・PHPのカスタマイズがうまくいかない
WordPress講座の問い合わせ先
WordPress講座申し込み
メールで問い合わせ

関連記事

スポンサーリンク