WordPressインポートツールをサイト引っ越しに使うな!その理由と対策

WordPress個別サポート

WordPressで作成したテストサイトを本番用のサーバーに移転したり、サイトを別のサーバーに引っ越すときに「ツール」メニューからエクスポートしてインポートすることを思い付くかもしれません。

「ツール」‐「エクスポート」メニューでサイト移転しようと…
「ツール」‐「エクスポート」メニューでサイト移転しようと…

この「ツール」メニューで使えるインポート・エクスポートメニュー(WordPressインポートツール)は便利かもしれませんがサイトの引っ越しに使うのはおすすめできないので注意が必要です。

スポンサーリンク

WordPressインポートツールによる引っ越しがうまくいかない

たとえば、次のようなテストサイトができたとします。

完成したテストサイト
完成したテストサイト

本番サーバーに移行するため「ツール」‐「エクスポート」メニューからすべてのコンテンツをエクスポートします。

「ツール」‐「エクスポート」メニューでコンテンツをエクスポート
「ツール」‐「エクスポート」メニューでコンテンツをエクスポート

移行先のサイトの「ツール」‐「インポート」メニューで上記のエクスポートデータをインポートします。

テストサイトのデータをインポート
テストサイトのデータをインポート

インポートの完了後、投稿や固定ページはインポートされているようですが、、、

固定ページはインポートされているが、、、
固定ページはインポートされているが、、、

サイトを表示しみてると、全く別物のサイトになっています。テストサイトのデザインが反映されていません。

インポートしたサイトは別物に…
引っ越し前のデザインが反映されない

これは「ツール」‐「エクスポート」メニューでエクスポートしたデータにはテーマやプラグインなどのファイル一式が含まれないためです。

また、次のような情報も復元されません。

WordPressインポートツールでは復元されない内容
  • テーマ・プラグイン(再インストール・再設定が必要)
  • テーマのオプション(ヘッダー画像・ロゴなど)
  • ウィジェット(サイドバー・フッターなど)

これらの設定をもう一度行う必要があります。

長い制作期間をかけて作ったサイトについて上記のような作業をやり直すのは面倒なだけなので、サイト移転にはWordPressインポートツールを使わない方が無難です。

サイトの引っ越しが簡単にできる「All-in-One WP Migration」

「WordPressの引っ越しって、こんなに面倒なんですね」と割り切って作業できるなら、WordPressインポートツールを使ってサイト移転すれば良いのですが、面倒な作業なら、それを解決してくれるプラグインがある。それがWordPressを使うメリットです。

たとえば、サイトの引っ越しにはAll-in-One WP Migrationのようなプラグインが便利です。

サイトをエクスポートして移転先でインポートするのはWordPressインポートツールと同じですが、テーマやプラグイン、オプション設定なども含めてエクスポートできる点が違います。

手動では面倒なサイト引っ越しも簡単に済ませることができます。また、テストサイトのURLを移転先のURLに変更してくれるので非常に便利です。

All-in-One WP Migrationについて詳しくは、以下のページをご覧ください。

WordPressの移行が簡単な「All-in-One WP Migration」

WordPressトラブル