超高速WordPress実行環境「KUSANAGI」導入のwpXシン・レンタルサーバーに最速でサイトを移行する方法

WordPress個別サポート

超高速WordPress実行環境として有名な「KUSANAGI」ですが、その高速化技術を導入したレンタルサーバー「wpXシン・レンタルサーバー」が話題です。さっそく自分のサイトを移行してスピードアップしたい方のために、運営中のサイトをwpXシン・レンタルサーバーに移行する方法を紹介します。

スポンサーリンク

wpXシン・レンタルサーバーの主な機能

ちなみに、wpXシン・レンタルサーバーの主な機能は次のようになります。参考にしてください。「これがあれば」という機能は一通り網羅しています。さすがです。

wpXシン・レンタルサーバーの主な機能
  • 費用 --- 月額770円~・初期費用0円
  • 無料お試し期間 --- 10日
  • 独自ドメイン永久無料特典 --- ドメインを1つプレゼント
  • サーバースペック --- CPU仮想6コア~・メモリ8GB~・NVMe SSD300GB~
  • 高速化 --- nginx・Xアクセラレータ・HTTP/2・FastCGI・OPcacheなど
  • データベース・マルチドメイン・サブドメイン・メールアドレス無制限
  • 自動バックアップ・復元 --- 無料
  • WordPress --- 簡単インストール・簡単移行対応
  • 各種セキュリティ機能(WAFなど)
  • 電話サポート --- 平日 10:00~18:00

※執筆時点の情報です。詳しくは最新の情報をご確認ください。

wpXシン・レンタルサーバーの申し込み

wpXシン・レンタルサーバーの「申し込み」を開いて「初めてご利用のお客様」‐「すぐにスタート!新規お申込み」をクリックします。

wpXシン・レンタルサーバーの申し込み
wpXシン・レンタルサーバーの申し込み

開いたページで、まずはサーバーIDを決めます。既に自動設定されている(1)のでそのままでも構いませんし、「自分で決める」(2)をクリックして任意のIDに変更することもできます。

サーバーIDの設定
サーバーIDの設定

プラン(利用コース)を選択します。

プランを選択
プランを選択

WordPressクイックスタートを利用するか決めます。これは、レンタルサーバー契約時に新たに独自ドメインを取得してWordPressのインストールまで完了させるサービスです。

速攻でWordPressを立ち上げられますが、ここでは利用しないのでチェックを外しました。

WordPressクイックスタートの利用設定
WordPressクイックスタートの利用設定

「wpXアカウントの登録へ進む」をクリックして次のページに進みます。

「wpXアカウントの登録へ進む」をクリック
「wpXアカウントの登録へ進む」をクリック

メールアドレスやパスワード、お名前、住所などの契約者情報を入力します。

お客様情報を入力
お客様情報を入力

最後に「「利用規約」「個人情報の取り扱いについて」に同意する」をチェックして「次へ進む」をクリックします。

利用規約に同意して次へ進む
利用規約に同意して次へ進む

登録したメールアドレスに送信される確認コードを入力して「次へ進む」をクリックします。

確認コードを入力して次へ進む
確認コードを入力して次へ進む

お客様情報やプランなどの入力内容を確認して、問題なければ「この内容で申込みする」をクリックします。

入力内容を確認して申し込む
入力内容を確認して申し込む

これでwpXシン・レンタルサーバーの申し込みは完了です。問題なければ数分で「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」というメールが届きます。メールが届いたら、無料お試し期間(10日間)のスタートです。

申し込み完了(「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」メールが届く)
申し込み完了(「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」メールが届く)

これでレンタルサーバーの契約は完了です。

ドメインの追加

契約したwpXシン・レンタルサーバーで独自ドメインを使用可能にします。それには、「サーバー管理」をクリックしてサーバーパネルを開きます。

wpXシン・レンタルサーバーの管理パネル
wpXシン・レンタルサーバーの管理パネルからサーバーパネルを開く

「ドメイン」‐「ドメイン設定」メニューをクリックします。

「ドメイン設定」をクリック
「ドメイン設定」をクリック

「ドメイン設定追加」(1)をクリックして、使用するドメイン名(2)を入力します。(hp555.netはサンプルです)完了後、「確認画面へ進む」をクリックします。

使用するドメイン名を入力
使用するドメイン名を入力
運営中のドメイン名を入力してもサイト表示などに影響はありません。

追加するドメイン名(1)を確認して、画面右下の「追加する」(2)をクリックします。

ドメイン名の追加
ドメイン名の追加
「ネームサーバーがwpXシン・レンタルサーバー指定のものになっていません」と表示されますが、後でネームサーバーを変更するので問題ありません。

ドメインの追加が完了します。

ドメイン追加の完了
ドメイン追加の完了
ネームサーバーを変更していないので「無料独自SSLの設定に失敗しました」と表示されますが問題ありません。SSL設定はネームサーバーの変更後に行います。(https://… で表示する場合)

ドメイン設定一覧を開くと、追加したドメインが「反映待ち」になっています。1時間ほどかかる場合がありますが、サイト移行に問題はないので作業を続けます。

追加したドメインは「反映待ち」
追加したドメインが「反映待ち」になる

サイトデータの引っ越し(WordPress簡単移行)

他社サーバーで運営中のWordPressサイトをwpXシン・レンタルサーバーに移行(引っ越し)します。

引っ越しても、ネームサーバーを変更するまでは運営中のサイト(移行元)の表示には影響ありません。

それには、開いているサーバーパネルから「WordPress」‐「WordPress簡単移行」をクリックします。

「WordPress簡単移行」をクリック
「WordPress簡単移行」をクリック

「WordPress移行情報入力」を開き、移行元のWordPressのURL (1)やログイン情報(2)(ユーザー名・パスワード)および移行先のURL(3)を入力して「確認画面へ進む」をクリックします。

移行元・移行先の情報を入力
移行元・移行先の情報を入力
ドメイン名を変更せずに引っ越すので上記の(1)(移行元URL)と(3)(移行先URL)は同じになるのが一般的です。

内容を確認して問題なければ「移行を開始する」をクリックします。

確認して「移行を開始する」をクリック
確認して「移行を開始する」をクリック

しばらくすると移行が始まります。移行ステータスが「データ移行完了」(1)になれば完了です。SSL設定に失敗したとのメッセージ(3)が表示されますが、後で作業するので問題ありません。ひとまず、「確認」ボタン(2)をクリックしましょう。

データ移行完了
データ移行完了

移行先のURL(1)および管理画面URL(2)を確認しましょう。ただし、この時点でクリックしても表示されるのは移行元サイトなので注意してください。ネームサーバーの変更(3)およびSSL対応(4)が必要です。

移行結果の確認
移行結果の確認

ネームサーバーの変更

ドメインのネームサーバーを変更することで、wpXシン・レンタルサーバーに移行したサイトが表示されるようになります。

ネームサーバーの変更は使用中のドメインを管理している業者(例:ムームードメイン、お名前.comなど)のページで行います。

以下、さくらインターネットの例ですが、他の業者でも似たようなメニュー(ネームサーバー変更・DNS設定など)があるはずです。

さくらインターネットの会員メニューにログインして「契約中のドメイン一覧」‐「ドメインメニュー」を開きます。

ドメインメニューを開く
ドメインメニューを開く

ネームサーバーを変更するドメインの「WHOIS情報」(フーイズ情報)をクリックします。

「WHOIS情報」をクリック
「WHOIS情報」をクリック

ネームサーバー1~ネームサーバー4の右にある「変更」をクリックします。

ネームサーバーの変更
ネームサーバーの変更

すでに入力された情報を消して次の3つを入力します。wpXシン・レンタルサーバーのネームサーバーです。

wpXシン・レンタルサーバーのネームサーバー
  • ns1.wpx.ne.jp
  • ns2.wpx.ne.jp
  • ns3.wpx.ne.jp

入力後は次のようになります。「送信する」ボタンをクリックすると設定完了です。

ネームサーバーの変更後
ネームサーバーの変更後

変更後、ドメイン一覧に戻ってもう一度「WHOIS情報」を開き、ネームサーバーが切り替わっているか確認しましょう。上記の内容に変更されていれば完了です。

ネームサーバー変更結果の確認
ネームサーバー変更結果の確認

ネームサーバーの変更が反映されるまで15分~最大で3日くらいかかる場合があります。ですが、反映待ちの状態でもSSL設定は可能なので作業を続けます。

SSL設定

サイトを「https://」で表示する場合はネームサーバーの変更後にSSL設定が必要です。

それには、「ドメイン」‐「SSL設定」メニューを開きます。

「SSL設定」をクリック
「SSL設定」をクリック

「独自SSL設定追加」(1)を開き、対象のURL(2)を確認し、「確認画面へ進む」(3)をクリックします。

対象URLの確認
対象URLの確認

URLを確認し、「追加する」ボタンをクリックすると設定完了です。

SSL設定の実行
SSL設定の実行

しばらくして完了メッセージが表示されます。

SSL設定の完了
SSL設定の完了
WordPress内のSSL対応も必要ですが、引っ越し前(移行元)のサイトでSSL対応が完了している前提なので、ここでは省略します。

移行結果の確認

ネームサーバーの変更が反映されればwpXシン・レンタルサーバーへの作業移行は完了です。確認する方法はいくつかありますが、ここではQuery Monitorプラグインを使います。

WordPressのダッシュボードにログインして「プラグイン」‐「新規追加」メニューからQuery Monitorプラグインをインストール、有効化します。

Query Monitorプラグインのインストール
Query Monitorプラグインのインストール

ダッシュボード上部に表示されたQuery Monitorの情報にマウスオーバーして「環境」をクリックします。

「環境」をクリック
「環境」をクリック

開いた情報画面を下にスクロールしていくとサーバー情報が表示されています。その中に「wpx.ne.jp」の文字があれば、wpXシン・レンタルサーバーに設置したサイトが表示されているという意味です。

「sakura.ne.jp」のような文字が見つかる場合は、まだ移行元(wpXではない)が表示されている状態です。

表示がwpXシン・レンタルサーバーに切り替わっている
表示がwpXシン・レンタルサーバーに切り替わっている

上記のサーバー情報のホストが「wpx.ne.jp」に切り替わったらサイトやダッシュボードを確認しましょう。表示に問題なければ引っ越し完了です。お疲れ様でした!

移行元のサイトが移行先で表示される
移行元のサイトがwpXシン・レンタルサーバーで表示される

以上、超高速WordPress実行環境「KUSANAGI」の高速化技術を導入したことで話題のwpXシン・レンタルサーバーにサイトを移行する最速の方法を紹介しました。

無料の試用期間もあるので、興味がある方は、ぜひお試しください。

wpXシン・レンタルサーバーの申し込みはこちらから

WordPressの使い方