さくらインターネットでWordPressをインストールする

WordPress個別サポート

さくらインターネットにWordPressをインストールする方法を説明します。サーバコントロールパネルのクイックインストールを使えば、あっと言う間にインストールを完了することができます。

さくらインターネットでWordPressを使うには月額500円のスタンダードコース以降の契約が必要です。

さくらのレンタルサーバ スタンダードのお申込みはこちら(公式ページ)

よくわからない方はWordPress個別サポートをご利用ください。
スポンサーリンク

サーバコントロールパネルの表示

さくらインターネットでWordPressをインストールするには「サーバコントロールパネル」を表示する必要があります。

表示方法がわからない場合は以下の手順に従ってください。

  1. さくらインターネットの会員メニューにアクセスして、会員IDとパスワードを指定してログインします。
    さくらインターネットの会員メニューにログインする
    さくらインターネットの会員メニューにログインする
    会員IDは契約申し込み後に送られてくるメール(例:お申込受付完了のお知らせ)の最初の方に書かれています。パスワードは契約時に決めたものです。
  2. ログイン後に表示される「会員メニュー」から「サービスの契約状況を確認」をクリックします。
    「サービスの契約状況を確認」をクリック
    「サービスの契約状況を確認」をクリック
  3. 契約中のサービス一覧から「コントロールパネルを開く」をクリックします。
    「コントロールパネルを開く」をクリック
    「コントロールパネルを開く」をクリック
  4. サーバコントロールパネルが開きます。WordPressのインストールだけでなくメールアドレスやドメイン設定などの管理作業を行うことができます。
    さくらインターネットのサーバコントロールパネル
    さくらインターネットのサーバコントロールパネル

WordPressで使うデータベースの準備

  1. WordPressのインストールに必要なデータベースを準備するため、サーバコントロールパネル左側のメニュー「Webサイト/データ」から「データベース」をクリックします。
    「データベース」メニューを開く
    「データベース」メニューを開く
  2. 「新規追加」をクリックします。
    「新規追加」をクリック
    「新規追加」をクリック
  3. 作成するデータベースを設定します。
    作成するデータベースの設定
    作成するデータベースの設定
    • データベースバージョン --- 選択できる場合は選択(執筆時点では5.7)
    • データベース名 --- データベースに付ける好きな名前(例:「wp1」や「test1」など)を入力します。
    • データベース接続用パスワード --- データベースを使うためのパスワードを設定します。後で変更できないと思って、できるだけ難しいパスワードを指定してください。(英数字・記号(-_)を組み合わせた8文字以上32文字以内)
      実際はパスワード変更は可能ですが面倒なことになる場合があるので「変更できない」と思った方が無難です。
    • データベース文字コード --- 「UTF-8 (utf8mb4)」を選択します。
  4. 設定完了後、画面下の「同意する」にチェックを入れて「作成する」ボタンをクリックすると作成完了です。作成されたデータベースが「データベース一覧」に追加されます。
    データベース作成完了
    データベース作成完了

    データベース作成画面に戻ってしまった場合はエラーです。パスワードの入力ミスなどがないかチェックしてください。

WordPressのインストール

  1. 続いて、WordPressをインストールするため、サーバコントロールパネル左側のメニューから「Webサイト/データ」-「クイックインストール」を選択します。
    「クイックインストール」を選択
    「クイックインストール」を選択
  2. WordPressの「新規追加」を選択します。
    WordPressの「新規追加」を選択
    WordPressの「新規追加」を選択
  3. WordPressのインストール画面が開きます。まずは、インストールURLとデータベースを設定します。
    WordPressのインストール(URL・データベースの設定)
    WordPressのインストール(URL・データベースの設定)
    • インストールURL --- インストール先のドメインを選びます。
      サブディレクトリにインストールする場合はサブディレクトリにインストールするをチェックして、インストール先のフォルダ名を入力します。下記の例では「http://hp555.net/test」というURLにWordPressがインストールされます。
      さくらインターネットでサブディレクトリにWordPressをインストールする
      サブディレクトリにインストールする場合
    • 利用データベース --- 事前に作成したデータベースを選択します。
    • データベース接続パスワード --- データベース作成時に決めたパスワードを入力します。
    • テーブルの接頭語 --- 変更不要です。
  4. 画面を下にスクロールして「WordPressサイト情報」を入力します。
    WordPressのインストール(サイト情報の入力)
    WordPressのインストール(サイト情報の入力)
    • サイトのタイトル --- ホームページのタイトルです。後で変更できるので適当(例:テスト)で大丈夫です。
    • ユーザー名 --- ホームページの管理者のユーザー名を決めます。後で変更するのは面倒なので、ここで確定させましょう。
    • パスワード --- ホームページの管理者のパスワードを入力します。
      インストールの実行後、「WordPressパスワードの入力形式が正しくありません。」と表示されてWordPressをインストールできない場合、以下の条件に注意してパスワードをチェックしてください。

      さくらでインストールするWordPressのパスワード
      • 英字/数字/記号を組合わせる
      • 英字は大文字と小文字を含める
      • 12文字以上32文字以内にする
      • ハイフン、ピリオド、アットマーク (@) などの記号を含める
      パスワードエラー
      パスワードエラー
    • メールアドレス --- 管理者のメールアドレスを入力します。
    • 検索エンジンでの表示 --- 完成まで検索されたくないときはチェックします。
  5. 入力が終わったら「ライセンス・利用規約に同意する」をチェックして「作成する」をクリックします。
    「作成する」をクリック
    「作成する」をクリック
  6. インストールが完了すると、インストール済みパッケージに表示されます。これでWordPressのインストールは完了です。「管理画面URL」をクリックしてログイン画面に移動しましょう。
    WordPressインストールの完了
    WordPressインストールの完了
  7. 設定したユーザー名とパスワードを入力して、ログインします。
    WordPressのログイン画面
    WordPressのログイン画面
  8. 問題なければ管理画面(ダッシュボード)が表示されるはずです。WordPressサイトの制作は、この管理画面を使って行います。
    WordPressの管理画面(ダッシュボード)
    WordPressの管理画面(ダッシュボード)

これでWordPressのインストールが完了してホームページ作成の準備ができました。このように、さくらインターネットなら、WordPressのインストールも簡単です。

試用期間もあるので、レンタルサーバーをご検討の方は、ぜひお試しください。月額500円のスタンダードプランからが、WordPress対応です。

さくらのレンタルサーバ スタンダードのお申込みはこちら(公式ページ)