WordPress個別サポート

ムームードメイン、お名前.com、さくらインターネットなど、いろいろな業者でドメインを取得できますが、取得した業者のレンタルサーバーで運用しなければならない、ということでもありません。別の業者のレンタルサーバーで運用することもできます。

ムームードメインで取得したドメインは、ロリポップやヘテムル、チカッパで使えば設定が楽というだけで、使わなければならないわけではありません。

たとえば、ムームードメインで取得したドメインをさくらインターネットで使う例で、その設定方法を紹介します。

スポンサーリンク

ムームードメインでネームサーバ設定をさくらインターネットに変更

まずは、ドメインを取得したムームードメイン側で、ネームサーバをさくらインターネットに変更します。そのため、ムームードメインのコントロールパネルにログインして、ドメイン一覧からドメインを選択します。

開いたドメイン詳細画面で「ネームサーバ設定変更」をクリックします。

ネームサーバ設定変更

ネームサーバ設定変更

「paperboy&co.以外 のネームサーバを使用する」を選択して、ネームサーバ1、ネームサーバ2にさくらインターネットのネームサーバ名を入力します。

ネームサーバをさくらインターネットに変更

ネームサーバをさくらインターネットに変更

さくらインターネットのネームサーバは次のとおりです。

  • ネームサーバ1 --- ns1.dns.ne.jp
  • ネームサーバ2 --- ns2.dns.ne.jp

さくらインターネットのネームサーバ名について詳しくは、以下のページを参照してください。

ドメインを利用(他社で取得・管理のドメイン)

画面を下にスクロールして、「ネームサーバ設定変更」ボタンをクリックします。

ネームサーバ設定変更

ネームサーバ設定変更

設定変更が反映されるまで数日かかる場合があります。元のレンタルサーバー(ヘテムルやロリポップなど)に作成したホームページをすぐに消さないようにしましょう。

さくらインターネットでドメインを有効にする

次に、ムームードメインで取得したドメインをさくらインターネットで使えるように設定します。そのため、さくらインターネットのサーバコントロールパネルにログインして、「ドメイン設定」をクリックします。

ドメイン設定

ドメイン設定

「新しいドメインの追加」をクリックします。

ドメインの追加

ドメインの追加

ドメインを移管せずに使う想定なので、「5. 他社で取得したドメインを移管せずに使う・属性型JPドメインを使う(さくら管理も含む)」の「ドメインの追加へ進む」をクリックします。

他社で取得したドメインを移管せずに使う

他社で取得したドメインを移管せずに使う

さくらインターネットのレンタルサーバーで使うドメイン名を入力して「送信する」ボタンをクリックします。

他社で取得したドメイン名を入力

他社で取得したドメイン名を入力

追加するドメインを確認して「送信」ボタンをクリックします。

追加ドメインの確認

追加ドメインの確認

ドメインが追加されます。詳細設定に進みましょう。

ドメインの詳細設定に進む

ドメインの詳細設定に進む

ドメインにwwwを付加するか(1)を選択し、ドメインで使うフォルダ名を入力します。

ドメインの詳細設定

ドメインの詳細設定

このフォルダはホームページのファイルを格納するフォルダですが、この時点では存在しなくても問題ありません。コントロールパネルの「クイックインストール」メニューでWordPressをインストールした場合、自動でこのフォルダが作成されます。その他の用途で、たとえば作成したホームページをFTPでアップロードしてアドレスするような場合は、サーバーのwwwフォルダ以下に、このフォルダを作成する必要があります。

その他、共有SSLを使用するか、IPv6アドレスを使用するかを選択できますが、デフォルトのままでも大丈夫です。

「送信」ボタンをクリックすると、設定完了です。

ドメインの詳細設定の完了

ドメインの詳細設定の完了

詳細設定は完了ですが、この変更がインターネット上に反映されるまで時間がかかります。安定してアクセスできるようになるまで2、3日かかる場合もあるので、古いホームページを削除しないようにしましょう。

ドメイン一覧に戻って、ドメインのリンクをクリックしたときに「サーバーが見つかりません」と表示される間は、まだそのドメインのネームサーバの変更がインターネット上に反映されていないということです。しばらく時間をおいてからWordPressのインストールなどを行いましょう。

ネームサーバの変更が反映されていない状態

ネームサーバの変更が反映されていない状態

次のような「Not Found」の画面が表示されたら、ホームページを作成できる状態になっています。まぎらわしいエラーですが、そのドメインの物理フォルダが存在しなかったという意味で、ドメイン自体は使用可能になっています。「クイックインストール」メニューでWordPressをインストールするなど、作業を行えばホームページは見られる状態になります。

ドメインが使用可能になった

ドメインが使用可能になった

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
細かい質問からCSSやPHPのカスタマイズ、トラブル対応まで、この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
WordPress個別サポートの特徴
  • 最短で本日中に問題解決できます
  • 見積もり無料・料金は終了後の後払いです
  • 銀座教室・スカイプ・出張またはメールで対応します
トラブル解決でお急ぎのときは
お急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
こんなときはご相談ください(相談・見積もり無料)
  • ログインできなくなった
  • 画面が真っ白(500エラー)になった
  • 間違ってサイトを消してしまった
  • 引っ越し・SSL対応がうまくいかない
  • CSS・PHPのカスタマイズがうまくいかない
WordPress講座の問い合わせ先
WordPress講座申し込み
メールで問い合わせ

関連記事

スポンサーリンク