WordPress講座(個別相談)

Advanced Custom Fieldsプラグインで画像フィールドを作る場合、返り値として画像URLや画像オブジェクトなどを選べます。要件を満たせばどちらでも構わないのですが、画像オブジェクトを使うと、アップロードした画像からサイズを指定して表示することができます。

画像フィールドの返り値は選べる

画像フィールドの返り値は選べる

アップロードした画像が大きすぎるので中サイズやサムネイル画像を表示したいときに役立ちます。

以下、画像オブジェクトの使い方を紹介します。

スポンサーリンク

Advanced Custom Fieldsの「画像オブジェクト」の使い方

Advanced Custom Fieldsプラグインで画像のカスタムフィールド(ここでは店舗画像)を作成する際に返り値を「画像オブジェクト」にします。

画像フィールドを作成

画像フィールドを作成

カスタムフィールドを使う編集画面を開いて画像を追加します。

カスタムフィールドの画像を追加

カスタムフィールドの画像を追加

画像が追加されます。プレビューはサムネイルに設定したので小さく見えますが実際の画像は幅2000pxくらいのビッグサイズです。

画像が追加される

画像が追加される

そのまま表示したくないので、できれば中サイズ画像などを表示したいことがあります。

カスタムフィールドを表示するにはthe_field関数を使いますが次のように記述してもうまくいきません。

<?php the_field("image"); ?>

具体的には次のように意味不明な文字が表示されます。

画像フィールドの表示に失敗した例

画像フィールドの表示に失敗した例

文字の内容を見ると画像のURLなどが入っているように見えるので、その内容をいったん取り出してから表示するというステップが必要です。

それには、the_field関数の代わりにget_field関数を使います。

具体的なコードは後回しにしますが、get_field関数を使うと、次のような情報が返されます。少し変った構造に見えるかもしれませんが、これはPHPの「配列」という形式のデータです。

Array
(
[id] => 319
[alt] => 
[title] => a
[caption] => 
[description] => 
[mime_type] => image/jpeg
[url] => http://…/wp-content/uploads/2018/03/a.jpg
[width] => 2000
[height] => 1318
[sizes] => Array
    (
    [thumbnail] => http://…/wp-content/uploads/2018/03/a-150x150.jpg
    [thumbnail-width] => 150
    [thumbnail-height] => 150
    [medium] => http://…/wp-content/uploads/2018/03/a-300x198.jpg
    [medium-width] => 300
    [medium-height] => 198
    [medium_large] => http://…/wp-content/uploads/2018/03/a-768x506.jpg
    [medium_large-width] => 640
    [medium_large-height] => 422
    [large] => http://…/wp-content/uploads/2018/03/a-1024x675.jpg
    [large-width] => 640
    [large-height] => 422
    [post-thumbnail] => http://…/wp-content/uploads/2018/03/a-200x200.jpg
    [post-thumbnail-width] => 200
    [post-thumbnail-height] => 200
    )
)

ここからデータを取り出すにはPHPの配列についての知識が必要ですが、「sizes」以下に画像のサイズらしき文字やURLが入っていることに気づけば大丈夫です。

たとえば、「medium」には中サイズ画像のURLが入っているようなので取り出してimgタグを組み立ててみましょう。具体的には次のようなコードになります。

<?php
$image = get_field("image");
?>
<img src="<?php echo esc_attr($image['sizes']['medium']); ?>">

これにより、次のようなimgタグが組み立てられます。

<img src="http://…/wp-content/uploads/2018/03/a-300x198.jpg">

画像のURLに「-300x198」が付いていることから中サイズ画像だとわかります。結果として、中サイズの画像が表示されます。

カスタムフィールドの画像が表示される

カスタムフィールドの画像(中サイズ)が表示される

あとは使いたいサイズに応じて上記のコードを書き換えれば大丈夫です。各サイズの画像を表示するためのコードをまとめておきます。

  • サムネイル画像:
    【コード】
    <img src="<?php echo esc_attr($image['sizes']['thumbnail']); ?>">
    【実行結果の例】
    <img src="http://…略…/wp-content/uploads/2018/03/a-150x150.jpg">
  • 中サイズ画像:
    <img src="<?php echo esc_attr($image['sizes']['medium']); ?>">
    【コード】
    【実行結果の例】
    <img src="http://…略…/wp-content/uploads/2018/03/a-300x198.jpg">
  • 大サイズ画像:
    【コード】
    <img src="<?php echo esc_attr($image['sizes']['large']); ?>">
    【実行結果の例】
    <img src="http://…略…/wp-content/uploads/2018/03/a-1024x675.jpg">
  • フルサイズ画像:
    【コード】
    <img src="<?php echo esc_attr($image['url']); ?>">
    【実行結果の例】
    <img src="http://…略…/wp-content/uploads/2018/03/a.jpg">
この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
カスタマイズがうまくいかないときは
お急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
wordpress講座受講予約
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

スポンサーリンク