賢威で子テーマを作るとデザインが崩れたり、おかしなことが起きるような気がして二の足を踏んでいた方。賢威 7のサポートページに子テーマのサンプルがアップされたので、子テーマの作成が簡単になりました。

ただし、インストールするだけでなく一部を修正する必要があるので、以下、賢威 7で子テーマを作る手順を説明します。

スポンサーリンク

賢威 7の子テーマの作り方

賢威 7のインストール

すでにインストール済みとは思いますが、事前準備として賢威 7をインストールします。

ダウンロードページは次のとおりです。

賢威7 テンプレートダウンロード

ここではコーポレート版をダウンロードしました。「HTML版」ではなく「WordPress版」をダウンロードしましょう。

賢威 7コーポレート版(blue)をダウンロード

賢威 7コーポレート版(blue)をダウンロード

賢威 7をお持ちでない方は、こちらのページで雰囲気を確認して購入をご検討ください。

「外観」-「テーマ」の「新規追加」から「テーマのアップロード」を選択し、ファイルを選択して「今すぐインストール」をクリックします。

賢威 7のインストール

賢威 7のインストール

子テーマをインストールするので有効化してもしなくても構いません。

子テーマのインストール

続いて、以下のページから子テーマをダウンロードしましょう。

賢威7WordPress版子テーマのダウンロード | 賢威サポートページ

賢威 7の子テーマをダウンロード

賢威 7の子テーマをダウンロード

ダウンロードできたら、親テーマと同じように「外観」-「テーマ」の「新規追加」から「テーマのアップロード」を選択し、ファイルを選択して「今すぐインストール」をクリックします。

賢威 7の子テーマをインストール

賢威 7の子テーマをインストール

さあ有効化して、と思ったら「親テーマが見つかりませんでした。この子テーマを利用する前に、親テーマkeni70_wp をインストールしてください。」のようなメッセージが表示されますが、これから修正するので焦る必要はありません。

子テーマのインストールが完了

子テーマのインストールが完了

子テーマの修正

「外観」-「テーマの編集」メニューを開きます。

「外観」-「テーマの編集」を開く

「外観」-「テーマの編集」を開く

画面右上の「編集するテーマを選択」から「賢威7.0 スタンダード版 カスタマイズ版(子テーマ)」を選んで「選択」ボタンをクリックします。

子テーマを選択

子テーマを選択

開いたstyle.cssに「このテーマは壊れています。」(1)と表示されますが問題ありません。設定されているテンプレート名「keni70_wp」(2)の部分を見つけてください。ここを修正します。

子テーマが開く

子テーマのstyle.cssを確認

修正するため、最初にダウンロードした親テーマのファイルを見てください。このファイル名から拡張子「.zip」を除いた部分(ここでは「keni70_wp_corp_blue_201709202205」)をコピーします。

親テーマのファイル名をコピー

親テーマのファイル名をコピー

コピーしたファイル名を、子テーマの「keni70_wp」と置き換えます。置き換えた結果は次のようになります。

テンプレート名を置き換える

テンプレート名を置き換える

画面を下にスクロールして「ファイルを更新」ボタンをクリックすると設定完了です。正しく設定できていれば、「このテーマは壊れています。」のメッセージが消えます。

「このテーマは壊れています。」が消える

「このテーマは壊れています。」が消える

子テーマの有効化

「外観」-「テーマ」を開いて、賢威 7の子テーマ(賢威7.0 スタンダード版 カスタマイズ版)を有効化しましょう。

賢威 7の子テーマを有効化

賢威 7の子テーマを有効化

これで設定完了です。サイトを表示して画面デザインが崩れたりしていないかチェックしましょう。

賢威 7のサイトを確認

賢威 7のサイトを確認

子テーマの動作確認

子テーマが動作しているかチェックしてみましょう。たとえば、「外観」-「テーマの編集」メニューからbase.cssを開いて次のようなCSSを入力します。

.site-title {
    font-size: 1em;
}

入力したイメージは次のようになります。

子テーマにサンプルCSSを入力

子テーマにサンプルCSSを入力

「ファイルを更新」ボタンをクリックしてサイトを確認しましょう。入力したCSSが反映され、サイト名が小さくなります。子テーマが機能しているということです。

子テーマに入力したCSSが反映される

子テーマに入力したCSSが反映される

親テーマから子テーマに切り替えるとメイン画像やウィジェットの設定内容がリセットされる場合があります。その場合、面倒ですが設定し直しましょう。

これで子テーマの作成は終わりです。あとは自由に子テーマを使ってカスタマイズしてください。

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
お急ぎの方はWordPressメールサポートもご利用ください。
wordpress講座受講予約
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

スポンサーリンク