WordPress個別サポート

賢威をカスタマイズする場合、子テーマのstyle.cssにCSSを入力しても初期設定では反映されません

賢威ではheader.phpなどで親テーマのstyle.cssを読み込んでいないので、子テーマを作成してもstyle.cssが読み込まれないからです。

対処方法はいくつかあります。

対処法1:子テーマを使わずにカスタマイズする

単純にCSSを使って賢威のデザインをカスタマイズしたいだけならば、子テーマにこだわる必要はありません。Simple Custom CSSのようなプラグインを使ってCSSカスタマイズ用のメニュー(例:Custom CSS)からCSSを入力してデザインをカスタマイズすることができます。

子テーマを使わずに賢威をカスタマイズする

子テーマを使わずに賢威をカスタマイズする

対処法2:子テーマのstyle.cssを読み込ませる

子テーマを作成してカスタマイズしたい場合、style.cssに入力したCSSを反映させるには、賢威で子テーマのstyle.cssを読み込ませる必要があります。

これもいくつか方法がありますが、たとえば、子テーマのfunctions.phpに次の1行を追加すれば、子テーマのstyle.cssが読み込まれるようになります。

/* 使用中のテーマのstyle.cssを読み込む */
wp_enqueue_style( 'keni-child-style', get_stylesheet_uri() );
この方法は賢威に限らず役立ちます。テーマによってはheader.phpに親テーマのstyle.cssしか読み込まないように記述されていることがあり、header.phpを修正するのが面倒な場合があるからです、

表示されたサイトのHTMLを確認すると、親テーマのCSS一式が読み込まれた後に、子テーマのstyle.cssが読み込まれています。

子テーマのstyle.cssが読み込まれる

子テーマのstyle.cssが読み込まれる

あとはカスタマイズしたいCSSを自由に子テーマのstyle.cssに入力すれば大丈夫です。

定番の子テーマのように「@import」によって親テーマのstyle.cssを読み込む必要はありません。

この記事をSNSで共有する
スポンサーリンク
WordPressでお困りのときはご相談を
細かい質問からCSSやPHPのカスタマイズ、トラブル対応まで、この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
WordPress個別サポートの特徴
  • 最短で本日中に問題解決できます
  • 見積もり無料・料金は終了後の後払いです
  • 銀座教室・スカイプ・出張またはメールで対応します
カスタマイズがうまくいかないときは
お急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
こんなときはご相談ください(相談・見積もり無料)
  • サイトのデザインをカスタマイズしたい
  • CSS・PHPのカスタマイズがうまくいかない
  • 引っ越し(サーバー移転)したい
  • サイトをSSL対応(https://)したい
WordPress個別サポートの連絡先

WordPress個別サポートへの問い合わせWordPress個別サポートの申し込み

関連記事

スポンサーリンク