WordPress個別サポート

Stinger5ではトップページやサイドバーなどに一覧表示される投稿には本文の抜粋が表示されます。

Stinger5で表示される記事の抜粋

Stinger5で表示される記事の抜粋

stinger5ver20150505bをベースに説明しますが他のバージョンでも考え方は共通です。
スポンサーリンク

全体の抜粋文字数を変更する

初期設定では40文字の抜粋ですが、この文字数は変更することができます。最も簡単な方法はfunctions.phpの「function custom_excerpt_length」で設定された文字数を変更することです。

// 抜粋の長さを変更する
function custom_excerpt_length( $length ) {
     return 40;	
}	
add_filter( 'excerpt_length', 'custom_excerpt_length', 999 );

この「40」を「80」などに変更します。

function custom_excerpt_length( $length ) {
     return 80;	
}	

抜粋の文字数に反映されます。トップページの一覧、サイドバー共に表示される文字が少し増えているのがわかります。

抜粋の文字数が80文字に変更される

抜粋の文字数が80文字に変更される

サイドバーのみ抜粋文字数を変更する

上記の設定で抜粋文字数を変更できますが「サイドバーの抜粋文字数は少なめに」のような要望があるかもしれません。

修正方法はいくつかありますが、newpost.phpの「the_excerpt();」を変更する方法を紹介します。現在の記述内容は次のようになっています。

<?php the_excerpt(); //スマートフォンには表示しない抜粋文 ?>

次のように変更します。ここでは30文字に設定しています。

<p><?php echo mb_substr(get_the_excerpt(), 0, 30); ?>...</p>
  • get_the_excerpt --- 記事の抜粋を取得
  • mb_substr --- 抜粋の先頭から30文字を抽出
  • echo --- 抽出した30文字の抜粋を画面に表示

これでサイドバーのみ抜粋文字数を変更することができます。文字数の「30」は好きな数字に変更できますが、ここではfunctions.phpで設定した抜粋文字数「80」が最長になるので兼ね合いに注意してください。

サイドバーの抜粋文字数を変更する

サイドバーの抜粋文字数を変更する

WordPressでお困りのときはご相談を
細かい質問からCSSやPHPのカスタマイズ、トラブル対応まで、この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
WordPress個別サポートの特徴
  • 最短で本日中に問題解決できます
  • 見積もり無料・料金は終了後の後払いです
  • 銀座教室・スカイプ・出張またはメールで対応します
カスタマイズがうまくいかないときは
お急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
こんなときはご相談ください(相談・見積もり無料)
  • サイトのデザインをカスタマイズしたい
  • CSS・PHPのカスタマイズがうまくいかない
  • 引っ越し(サーバー移転)したい
  • サイトをSSL対応(https://)したい
WordPress講座の問い合わせ先
WordPress講座申し込み
メールで問い合わせ

関連記事

スポンサーリンク