WordPress個別サポート

WordPressのサーバーを移転する場合、ネームサーバーを切り替えて完了ですが、できればネームサーバーを切り替える前にサイトを確認したいですよね。きちんと、移転先のサーバーでも独自ドメインのURLが反映されていることを確認して、最終的にネームサーバーを変更したいことろです。

スポンサーリンク

自分のPCだけ“ネームサーバーを変更”できる

そんなときは、自分のPCだけ“ネームサーバーを変更”する方法があります。たとえば独自ドメイン「example.com」のホームページをさくらインターネットからエックスサーバーに移転する例で言えば、こんな感じです。

  • 現在のexample.comはさくらインターネットにある
  • 自分PCだけexample.comはエックスサーバーを参照する

つまり、現在のドメインは移転前のサーバーに置いたままで、自分だけ移転先のサーバーでホームページを見てしまおうということです。これなら移転後のホームページを独自ドメインで確認できます。ネームサーバーの変更は必要ありません。問題ないことが確認できた段階でネームサーバーを切り替えれば良いことになります。

「hostsファイル」を編集して、自分のPCだけドメインとサーバー(IPアドレス)の関連付けを設定することで、そのような都合の良い作業が可能になります。hostsファイルの場所などについて詳しくは、以下のページをご覧ください。

WordPressの移転について

2.6.「ネームサーバーの変更、およびサイトの動作確認」の「ネームサーバー切り替え前に動作を確認したい場合」を参考にしてください。エックスサーバーのマニュアルですが、他のレンタルサーバーも同じです。

自分のPCだけドメインをエックスサーバーに関連づける例

たとえば、ネームサーバーを変更せずに、移転先のエックスサーバーにドメインを関連づける場合、エックスサーバーのサーバーパネルから「アカウント」‐「サーバー情報」メニューを開いて、移転先サーバーのIPアドレスを調べます。

サーバーのIPアドレスを調べる

サーバーのIPアドレスを調べる

hostsファイルにIPアドレスとドメインの関連付けを入力します。「IPアドレス+半角スペース+ドメイン名」という形式です。「157.999.999.999」および「example.com」は架空です。念のため。

157.999.999.999 example.com
hostsファイルは管理者権限で編集する必要があります。また、上記の関連付けは使用中のPC全体に影響します。つまり、上記の設定中はPC内のメールソフトで info@example.com などに届いたメールを受信できなくなる場合があります。注意してください。

保存してブラウザで http://example.com/ にアクセスすると、移転先に設置したホームページが表示されます。言うまでもなく、自分以外は通常通り移転前のホームページを見ているので安心です。変更後の内容を見ているのは自分だけです。

心配な方はスマホなど、別の端末からアクセスしてみて、移転前のホームページが表示されることを確認しましょう。

混乱しないように、まとめておきます。

hostsファイル編集後のイメージ
  • 自分のPCだけ移転先サーバーに設置したサイトを見ている
  • 他の人は従来通り移転前サーバーのサイトが表示される

あとは、自分だけ移転先のサーバーでホームページを確認して、問題なければネームサーバーを変更して完了です。作業が終わったらhostsファイルに記述した関連付けは削除しておきましょう。

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

BizVektorのカスタマイズ

WordPressカスタマイズ

WordPressプラグイン

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート