WordPress個別サポート

WordPressでサイトを作成していると同じ内容を何度も入力していることがないでしょうか。それが悪いかどうかは別にして、面倒なレイアウトを伴うようなパーツの場合、どこかに内容を保存しておいて、その内容を呼び出すことができれば効率的です。

たとえば、「おすすめメニュー」を複数のページに表示させる場合を考えてみましょう。

複数ページに表示したい内容

複数ページに表示したい内容

投稿や固定ページを作成するたびに編集画面で同じ画像を挿入して同じHTMLタグをコツコツ入力する方法は面倒なのでボツです。

この場合、テンプレートファイルを活用すると効率的です。投稿や固定ページに表示したい「おすすめメニュー」をテンプレート(例:info-course.php)として作成しておき、投稿や固定ページのテンプレートファイルであるsingle.phpやpage.php(またはcontent.phpやcontent-page.php)で読み込むという手法です。

まずは、複数のページに読み込みたい「同じ内容」のテンプレートファイルを作成します。「info-course.php」というPHPスクリプトを作成しますが、内容は単純なHTMLです。

作成方法は自由ですが、「固定ページ」‐「新規追加」メニューで「★テンプレート作成用」などとタイトルを付けたページを作成する方法があります。このページはHTMLタグをコピーするための用途で使うもので、表示用ではないので下書き保存しておきましょう。

テンプレート用のHTMLタグを固定ページで作成する

テンプレート用のHTMLタグを固定ページで作成する

このHTMLタグをコピーしてテキストエディタ(PCでテキストファイルを作成するソフトウェアの)などにペーストし、「info-course.php」という名前で保存してテーマのフォルダ(wp-content/themes/テーマ名)にアップロードしましょう(子テーマを使っている場合は子テーマフォルダに)。

「外観」-「テーマ編集」メニューを開いてinfo-course.phpというテンプレートファイルが追加されていることを確認します。

新たなテンプレートファイルが追加されている

新たなテンプレートファイルが追加されている

このテンプレートファイルを好きなテンプレートファイルから呼び出します。具体的には、get_template_partという命令を使って次のコードを入力します。

<?php get_template_part('info-course'); ?>

このコードをどのテンプレートのどの位置に記述するかは自由です。記述した場所で「info-course.php」が読み込まれて内容が表示されます。

たとえば、投稿のコンテンツを表示しているcontent.phpを開いて、適当な場所(例:ある画像の下あたり)に入力したとします。

投稿にある特定の画像の下で「おすすめメニュー」を表示

投稿にある特定の画像の下で「おすすめメニュー」を表示

これにより、すべての投稿の特定の画像の下で「おすすめメニュー」が表示されるようになります。

指定画像の下に「おすすめメニュー」が表示される

指定画像の下に「おすすめメニュー」が表示される

これはcontent.php限定のコードではなく、single.php(投稿のテンプレート)、page.php(固定ページのテンプレート)、front-page.php(トップページのテンプレート)、archive.php(アーカイブページのテンプレート)など、好きなテンプレートの好きな場所で次のように記述すれば、そのテンプレートファイルを読み込んで表示させることができます。

<?php get_template_part('テンプレート名'); ?>

「PHPを使ったテーマのカスタマイズ」というと難しそうですが、今回紹介したPHPスクリプトの命令はget_template_partを使った1行だけで、読み込むテンプレートファイル(info-course.php)にはPHPの命令は記述していません。それでも「複数のページに同じ内容を表示する」という面で効率的なサイト作成に役立つので、get_template_partを覚えて活用しましょう。

この記事をSNSで共有する
スポンサーリンク
WordPressでお困りのときはご相談を
細かい質問からCSSやPHPのカスタマイズ、トラブル対応まで、この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
WordPress個別サポートの特徴
  • 最短で本日中に問題解決できます
  • 見積もり無料・料金は終了後の後払いです
  • 銀座教室・スカイプ・出張またはメールで対応します
カスタマイズがうまくいかないときは
お急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
こんなときはご相談ください(相談・見積もり無料)
  • サイトのデザインをカスタマイズしたい
  • CSS・PHPのカスタマイズがうまくいかない
  • 引っ越し(サーバー移転)したい
  • サイトをSSL対応(https://)したい
WordPress個別サポートの連絡先

WordPress個別サポートへの問い合わせWordPress個別サポートの申し込み

関連記事

スポンサーリンク