Lightning G3でヘッダーの右に電話番号を表示する方法

Lightningのカスタマイズ

Lightningのヘッダー右上に電話番号を表示する方法の「Lightning G3」版です。

カスタマイズ前のLightning G3ではヘッダーにロゴとグローバルメニューが表示される仕組みで、電話番号や「お問い合わせはこちら」ボタンが表示されません。

Lightning G3のヘッダーはロゴ+グローバルメニュー(電話番号が表示されない)
Lightning G3のヘッダーはロゴ+グローバルメニュー(電話番号が表示されない)

この記事で紹介するようにヘッダーの右側をウィジェット化することで、次のように電話番号バナーなどを表示することができます。グローバルメニューはセンタリングされます。

カスタマイズ(ウィジェット化)すれば連絡先バナーなどを表示できる
ウィジェット化すればヘッダーの右側に電話番号などを表示できる

以下、手順です。コード入力が不要なパターンも紹介するので必要に応じて取り組んでみてください。

スポンサーリンク

Lightning G3でヘッダー右に電話番号を表示する方法

以下のコードはLightning G3でヘッダー右ウィジェットを作成するコードです。電話番号の表示などに使えます。子テーマのfunctions.phpなどに入力してください。

/* ヘッダー右ウィジェットの作成 */
function my_register_sidebar() {
    register_sidebar( array(
        'name' => 'ヘッダー右',
        'id' => 'header-right-widget',
        'description' => '画面右上に表示されるウィジェットです。',
        'before_widget' => '<aside class="widget %2$s" id="%1$s">',
        'after_widget'  => '</aside>',
    ) );
}
add_action( 'widgets_init', 'my_register_sidebar', 999 );

/* ヘッダー右ウィジェットの表示 */
function my_lightning_site_header_logo_after() {
    if ( is_active_sidebar( 'header-right-widget' ) ) {
    	echo '<div class="site-header-sub">';
        	dynamic_sidebar( 'header-right-widget' );
    	echo '</div>';
    }
}
add_action( 'lightning_site_header_logo_after', 'my_lightning_site_header_logo_after' );

/* ヘッダーのクラス名を変更 */
function my_lightning_get_class_names( $class ) {
    $class['site-header'][1] = 'site-header--layout--sub-active';
    $class['global-nav'][1]  = 'global-nav--layout--penetration';
    return $class;
}
add_filter( 'lightning_get_class_names', 'my_lightning_get_class_names' );

※Lightning G3およびLightning G3 Pro Unitのソースコードを参考に作成しました。

スマホでもヘッダー右ウィジェットを表示する場合は次のCSSを子テーマのstyle.cssなどに入力します。

/* モバイルのヘッダー右ウィジェット */
@media (max-width: 991px) {
    .site-header-sub {
        display: inherit;
        margin: 0;
        padding: 0;
    }
}

これにより、ヘッダー右ウィジェットが作成されるので、自由にバナーや文字を追加できます。この例ではテキストウィジェットに電話番号のバナーを設置しています。

ヘッダー右ウィジェットにバナーを追加
ヘッダー右ウィジェットにバナーを追加

これで上記のようにヘッダー右側に電話番号を表示できるようになります。電話番号に限らず「詳しくはこちら」ボタンや、ちょっとしたお知らせなどにも使えます。

コードを編集せずに電話番号を表示したい場合

「PHPを編集するのは難しい」とか「functions.phpを変更して痛い目に会ったことがある」などの理由で、できればコードを編集せずに電話番号を表示したい場合はLightning G3 Pro Unitプラグインをおすすめします。

コード編集は不要で、「外観」-「カスタマイズ」-「Lightningヘッダー設定」メニューで設定できます。

たとえば、「ヘッダーコンタクトあり & ナビ貫通」を選択すると、ヘッダー右側に連絡先が表示され、グローバルメニューはセンタリングされます。

ヘッダーコンタクトあり & ナビ貫通(ヘッダー右側に連絡先・グローバルメニューのセンタリング)
ヘッダーコンタクトあり & ナビ貫通(ヘッダー右側に連絡先・グローバルメニューのセンタリング)

「ヘッダーウィジェットあり & ナビ貫通」を選択すると、この記事で紹介したようにヘッダー右側がウィジェット化され、自由に編集できるようになります。

ヘッダーウィジェットあり & ナビ貫通(ヘッダー右側がウィジェットに)
ヘッダーウィジェットあり & ナビ貫通(ヘッダー右側がウィジェットに)

ヘッダー右側の用途がなければ「ナビゲーション回り込み」を選択してLightning G3の初期状態と同じようにロゴとグローバルメニューを横並びにできます。

ナビゲーション回り込み(ロゴとグローバルメニューを横並びに)
ナビゲーション回り込み(ロゴとグローバルメニューを横並びに)

「タイトル中央 & ナビ貫通」を選択してロゴおよびグローバルメニューをセンタリングすることもできます。

タイトル中央 & ナビ貫通(ロゴおよびグローバルメニューをセンタリング)
タイトル中央 & ナビ貫通(ロゴおよびグローバルメニューをセンタリング)

メニューを選択するだけなのでコード記述に慣れていない方も安心です。Lightning G3 Pro Unitプラグインには他にも役立つ機能が満載です。興味がある方は、ぜひお試しください。

Lightning G3 Pro Unitプラグインについて詳しくはこちら