Lightning Proの強力な便利機能を紹介!

WordPressの人気テーマ「Lightning」は無料で使える素晴らしいテーマですが、有料版の「Lightning Pro」もあります。そのLightning Proを使うとスマホのフッターに固定メニューを表示したり、投稿一覧のレイアウトをグリッド表示などに変更することができます。

モバイル固定メニューが使える「Lightning Pro」
モバイルフッター固定メニューが使える「Lightning Pro」

カスタマイズの手間が省けてサイト制作の効率化に役立つことは間違いありません。

ここでは、無料版のLightningで使えず有料版のLightning Proのみで使える機能を紹介します。

この記事はLightning Proバージョン1.6.4で検証しています。

モバイル固定メニュー

モバイル固定メニュー(フッターフローティングメニュー)はスマホなどの画面下に固定表示されるメニューです。

モバイル固定メニュー
モバイル固定メニューを表示できる

当サイトの「フローティングメニューの表示」で紹介しているように自力でカスタマイズして設置することもできますが、Lightning Proならダッシュボードのメニューで設定できるので苦労せず済みます。

リンクテキスト、アイコン、リンク先URLを設定すればメニュー項目が作成されますが、クリックイベントを設定できるのは非常に便利です。どのページから問い合わせや申し込みがあったのかコンバージョンを測定するのにも役立ちます。

クリックイベントも記録できる
クリックイベントも記録できる(コンバージョン測定に役立つ)

また、グローバルメニューを開閉するメニュー項目も追加できます。グローバルメニューは画面を上にスクロールしないと表示できないことが多いので、これも便利な機能でしょう。

グローバルメニューの開閉ボタン
グローバルメニューの開閉ボタンも設置できる

メニューの色や背景色はダッシュボードから変更可能です。

メニューの色も変更可能
メニューの色も変更可能

LTG Media Posts(グリッド表示など)

LTG Media Postsはトップページやアーカイブに表示される投稿一覧のレイアウトを変更できる機能です。

次の例は最初の1件だけ大きく表示する例です。

最初の1件だけ大きく表示する例
最初の1件だけ大きく表示する例

次の例は3列表示です。

3列表示の例
3列表示の例

説明不要かもしれませんがレスポンシブ対応なので端末幅に応じて2列や1列で表示されます。

レスポンシブ対応
レスポンシブ対応

レイアウトは選択すれば切り替わります。基本的には面倒なカスタマイズは不要です。

レイアウトは選択すれば切り替わる
レイアウトは選択可能

1列表示もできるので、これを活用してトップページコンテンツエリア(左・右)に表示すれば、複数カテゴリーの最新記事を見せてアクティブなサイトを演出できるでしょう。

次の例では、トップページコンテンツエリア(左・右)に1列表示のLTG Media Postsを2つずつ設置して4カテゴリーの新着情報を表示しています。

4カテゴリーの新着情報を表示
4カテゴリーの新着情報を表示する例

カテゴリーリンクの色分け

Media Postsなどに表示されるカテゴリーリンクは「投稿」‐「カテゴリー」メニューで色を設定できます。

カテゴリーリンクの色を設定できる
カテゴリーリンクを色分けして表示できる

トップページのウィジェット

Lightning無料版ではトップページのウィジェットは「コンテンツエリア上部」のみでしたがLightning Proでは、左・右・下部の3つ(赤枠を付けた部分)が追加されています。

Media Postsウィジェットなどを自由に配置して柔軟なレイアウトを実現できます。使い方はアイデア次第でしょう。

追加されたトップページコンテンツエリア
追加されたトップページコンテンツエリア

フッターコピーライト設定

フッター部分に表示されるコピーライト情報は自由に設定できます。

フッターコピーライトの設定
フッターコピーライトを設定可能

ヘッダー連絡先の設定

ヘッダー上部に問い合わせフォームへのリンクや連絡先を表示することができます。

ヘッダー上部に連絡先を表示できる
ヘッダー上部に連絡先を表示できる

フォント設定

サイト名・グローバルメニュー・タイトル・本文についてフォントを指定することができます。

フォント設定できる
フォント設定できる

まとめ

以上、Lightning Proで使える機能を紹介しました。いずれも効率的なサイト制作に役立ちますが、特にモバイル固定メニューとMedia Postsは強力です。興味がある方は、ぜひお試しください。

2019年9月8日Lightningのカスタマイズ