GutenbergでAddQuicktagを使うには

「GutenbergでAddQuicktagが使えなくて困った!」という方もいるかもしれません。

WordPressのAddQuicktagはエディタのボタンを増やせる便利なプラグインです。有名なので活用していた方も多いでしょう。さまざまなテーマでエディタのボタンを充実させるべくAddQuicktagの使用が推奨されています。

AddQuicktagの使用例(太字ボタン)
AddQuicktagの使用例(太字ボタン)

残念なことに現時点(2019/6/3)でGutenbergで「ブロックの追加」メニューを開いてもAddQuicktagのブロックは見あたりません。

Gutenbergのブロックに対応していないAddQuicktag
Gutenbergのブロックに対応していないAddQuicktag

「GutenbergでAddQuicktagが使えなくて困った!」と焦っている方は「フォーマット」から「クラシック」を選んでクラシックブロックを使ってみてください。

クラシックブロックの作成
クラシックブロックの作成

クラシックブロックは新エディタのGutenbergでも旧エディタ(ビジュアルエディタおよびHTML編集)の機能が使えるブロックです。旧エディタのスタイルで編集されたブロックになります。

旧バージョンのビジュアルエディタがブロックとして追加され、「Quicktags」メニューも使えるようになります。

「Quicktags」メニューが使用可能に
「Quicktags」メニューが使用可能に

文字を選択してボタンをクリックすると、タグが適用されます。ビジュアルエディタでは適用されたタグが見えませんが、ブロックメニューの「HTMLとして編集」から確認できます。

「HTMLとして編集」を選択
「HTMLとして編集」を選択

ボタンのタグが適用されています。

タグが適用されている
タグが適用されている

「ビジュアル編集」をクリックするとビジュアルエディタに戻ります。また、クラシックブロックを残したくない場合は「ブロックに変換」をクリックしてGutenbergの段落ブロックに変換することもできます。

ビジュアルエディタに戻る
ビジュアルエディタに戻る

Gutenbergの使い方