WordPress個別サポート

「GutenbergでAddQuicktagが使えなくて困った!」という方もいるかもしれません。

WordPressのAddQuicktagはエディタのボタンを増やせる便利なプラグインです。有名なので活用していた方も多いでしょう。さまざまなテーマでエディタのボタンを充実させるべくAddQuicktagの使用が推奨されています。

AddQuicktagの使用例(太字ボタン)

AddQuicktagの使用例(太字ボタン)

残念なことに現時点(2019/6/3)でGutenbergで「ブロックの追加」メニューを開いてもAddQuicktagのブロックは見あたりません。

Gutenbergのブロックに対応していないAddQuicktag

Gutenbergのブロックに対応していないAddQuicktag

「GutenbergでAddQuicktagが使えなくて困った!」と焦っている方は「フォーマット」から「クラシック」を選んでクラシックブロックを使ってみてください。

クラシックブロックの作成

クラシックブロックの作成

クラシックブロックは新エディタのGutenbergでも旧エディタ(ビジュアルエディタおよびHTML編集)の機能が使えるブロックです。旧エディタのスタイルで編集されたブロックになります。

旧バージョンのビジュアルエディタがブロックとして追加され、「Quicktags」メニューも使えるようになります。

「Quicktags」メニューが使用可能に

「Quicktags」メニューが使用可能に

文字を選択してボタンをクリックすると、タグが適用されます。ビジュアルエディタでは適用されたタグが見えませんが、ブロックメニューの「HTMLとして編集」から確認できます。

「HTMLとして編集」を選択

「HTMLとして編集」を選択

ボタンのタグが適用されています。

タグが適用されている

タグが適用されている

「ビジュアル編集」をクリックするとビジュアルエディタに戻ります。また、クラシックブロックを残したくない場合は「ブロックに変換」をクリックしてGutenbergの段落ブロックに変換することもできます。

ビジュアルエディタに戻る

ビジュアルエディタに戻る

WordPressでお困りのときはご相談を
細かい質問からCSSやPHPのカスタマイズ、トラブル対応まで、この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
WordPress個別サポートの特徴
  • 最短で本日中に問題解決できます
  • 見積もり無料・料金は終了後の後払いです
  • 銀座教室・スカイプ・出張またはメールで対応します
カスタマイズ・トラブル対応でお急ぎのときは
「カスタマイズがうまくいかない」「突然トラブルが発生した!」などでお急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
WordPress講座の問い合わせ先
WordPress講座申し込み
メールで問い合わせ

関連記事

スポンサーリンク