WordPress個別サポート

Twenty Twelveのアーカイブやカテゴリページでは、投稿の一覧表示で全文が表示されるようになっています。

抜粋に変更するには、content.phpを変更する方法があります。

content.phpには、次のように、抜粋を表示するか、全文を表示するか分岐するif文があります。

<?php if ( is_search()) : ?>
    <?php the_excerpt(); ?>
<?php else : ?>
    <?php the_content(...略...); ?>
<?php endif; ?>

このif文は、検索結果(is_search())の場合はthe_excerpt(抜粋)、それ以外はthe_content(全文)を実行するという意味です。

このif文を、「検索結果またはアーカイブまたはカテゴリページの場合はthe_excerpt(抜粋)」のように変更します。

具体的には、if文の先頭の( )にある「is_search()」を、次のように変更します。

<?php if ( is_search() || is_archive() || is_category()) : ?>
...略...

「||」は「または」という意味です。is_archive()、is_category()は、それぞれアーカイブページかどうか、カテゴリページかどうかを調べる関数(条件分岐タグ)です。

これにより、アーカイブやカテゴリページでも抜粋が表示されるようになります。

アーカイブページでも抜粋表示に

アーカイブページでも抜粋表示に

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
細かい質問からCSSやPHPのカスタマイズ、トラブル対応まで、この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
WordPress個別サポートの特徴
  • 最短で本日中に問題解決できます
  • 見積もり無料・料金は終了後の後払いです
  • 銀座教室・スカイプ・出張またはメールで対応します
カスタマイズがうまくいかないときは
お急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
こんなときはご相談ください(相談・見積もり無料)
  • サイトのデザインをカスタマイズしたい
  • CSS・PHPのカスタマイズがうまくいかない
  • 引っ越し(サーバー移転)したい
  • サイトをSSL対応(https://)したい
WordPress講座の問い合わせ先
WordPress講座申し込み
メールで問い合わせ

関連記事

スポンサーリンク