WordPress個別サポート

テーマをカスタマイズするときは子テーマを使うと便利だとわかっていても、インストールやstyle.cssの設定変更などが面倒で、という方にはModular Custom CSSプラグインが役立ちます。

メニューからCSSを入力してデザインをカスタマイズすることができます。子テーマをインストールする必要はありません。

BizVektorの「CSSカスタマイズ」やJetpackプラグインの「CSS編集」メニューのイメージです。

Modular Custom CSSプラグインを使うには「プラグイン」‐「新規追加」メニューからインストール、有効化して「外観」-「カスタマイズ」メニューを開きます。

「Custom CSS」をクリックして開いたウィンドウにCSSを入力してみましょう。右側のプレビューで確認できます。

プレビューを確認しながらCSSを入力できる

プレビューを確認しながらCSSを入力できる

テーマのカスタマイズには「Custom Theme CSS」(1)を使いますが、プラグインのカスタマイズには「Custom Plugin CSS」(2)を使うと便利です。テーマが変わってもカスタマイズ内容が保持されます。

「保存して公開」ボタンをクリックするとCSSによるカスタマイズが反映されます。

カスタマイズ内容が反映される

カスタマイズ内容が反映される

Simple Custom CSSプラグイン

プレビューが不要な方にはSimple Custom CSSプラグインが役立ちます。

「外観」-「Custom CSS」メニューでCSSを入力しましょう。

カスタマイズするCSSを入力

CSSを入力(Simple Custom CSSプラグイン)

子テーマをインストールせずにデザインをカスタマイズできる点はModular Custom CSSプラグインと同じです。

この記事をSNSで共有する
スポンサーリンク
WordPressでお困りのときはご相談を
細かい質問からCSSやPHPのカスタマイズ、トラブル対応まで、この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
WordPress個別サポートの特徴
  • 最短で本日中に問題解決できます
  • 見積もり無料・料金は終了後の後払いです
  • 銀座教室・スカイプ・出張またはメールで対応します
カスタマイズがうまくいかないときは
お急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
こんなときはご相談ください(相談・見積もり無料)
  • サイトのデザインをカスタマイズしたい
  • CSS・PHPのカスタマイズがうまくいかない
  • 引っ越し(サーバー移転)したい
  • サイトをSSL対応(https://)したい
WordPress個別サポートの連絡先

WordPress個別サポートへの問い合わせWordPress個別サポートの申し込み

関連記事

スポンサーリンク