子テーマをインストールせずにCSSをカスタマイズできるプラグイン

テーマをカスタマイズするときは子テーマを使うと便利だとわかっていても、インストールやstyle.cssの設定変更などが面倒で、という方にはModular Custom CSSプラグインが役立ちます。

メニューからCSSを入力してデザインをカスタマイズすることができます。子テーマをインストールする必要はありません。

BizVektorの「CSSカスタマイズ」やJetpackプラグインの「CSS編集」メニューのイメージです。

Modular Custom CSSプラグインを使うには「プラグイン」‐「新規追加」メニューからインストール、有効化して「外観」-「カスタマイズ」メニューを開きます。

「Custom CSS」をクリックして開いたウィンドウにCSSを入力してみましょう。右側のプレビューで確認できます。

プレビューを確認しながらCSSを入力できる
プレビューを確認しながらCSSを入力できる

テーマのカスタマイズには「Custom Theme CSS」(1)を使いますが、プラグインのカスタマイズには「Custom Plugin CSS」(2)を使うと便利です。テーマが変わってもカスタマイズ内容が保持されます。

「保存して公開」ボタンをクリックするとCSSによるカスタマイズが反映されます。

カスタマイズ内容が反映される
カスタマイズ内容が反映される
Simple Custom CSSプラグイン

プレビューが不要な方にはSimple Custom CSSプラグインが役立ちます。

「外観」-「Custom CSS」メニューでCSSを入力しましょう。

カスタマイズするCSSを入力
CSSを入力(Simple Custom CSSプラグイン)

子テーマをインストールせずにデザインをカスタマイズできる点はModular Custom CSSプラグインと同じです。

2014年12月29日WordPressカスタマイズ