WordPress講座(個別相談)

サイトのフッターカスタマイズしたいことがあります。たとえば、コピーライト情報を消したり、問い合わせ画像や仕切り線などをレイアウトしてフッターをレイアウトしたい場合です。

一般的にはテーマのfooter.phpを編集すれば可能ですが危険なこともありますよね。テーマにLightningを使っている場合はLightning Copyright Customizerプラグインが役立ちます。たとえば、フッターを次のようにレイアウトすることもできます。

仕切り線画像を使ってフッターをレイアウト

画像を使ってフッターを自由にレイアウト

このプラグインを使うにはLightningテーマが必要です。

ちなみに、カスタマイズ前のフッターは次のようになります。

通常のフッター(Lightning)

カスタマイズ前のLightningのフッター

この状態でも動作は問題ないですが、Lightning Copyright Customizerを使うと、この部分を自由に編集できます。以下、使い方を紹介します。

スポンサーリンク

Lightning Copyright Customizerの使い方

以下のページからLightning Copyright Customizerプラグインを購入します。

購入・ダウンロードしたLightning Copyright Customizerプラグインのzipファイルを「プラグイン」‐「新規追加」‐「プラグインのアップロード」メニューからアップロードしてインストール、有効化します。

Lightning Copyright Customizerのインストール

Lightning Copyright Customizerのインストール

「外観」-「カスタマイズ」‐「Lightning コピーライトカスタム」メニューから、フッターの内容を入力できます。

フッターのカスタマイズメニュー

フッターのカスタマイズメニュー

有効化した時点でメニューと連動するので、「とりあえず有効化しておこう」には注意してください。

つまり、プラグインを有効化した時点でフッターには何も表示されない状態になっています。とりあえず、テストもかねて何らかの文字を入力(1)しておきましょう。プレビューを確認(2)して問題なければ「公開」ボタン(3)をクリックして設定完了です。

フッターのカスタマイズ

フッターのカスタマイズ

サイトを表示すると、フッターの内容が切り替わっているはずです。

フッターが変更される

フッターが変更される

フッターを自由にレイアウトする方法

上記の「Lightning コピーライトカスタム」ではHTMLも使えるので好きな画像を表示したりリンクを設置できます。HTMLタグを記述すれば良いのですが、よくわからなければ投稿や固定ページの編集画面を使う方法があります。以下に手順を紹介します。

「投稿」‐「新規追加」メニューを開いて、フッターに表示したいレイアウトを作成します。この投稿は表示しません。フッターのレイアウトを作るために編集画面を使うだけです。

投稿の編集画面を使ってフッターのレイアウトを作成

投稿の編集画面を使ってフッターのレイアウトを作成

エディタ右上の「テキスト」をクリックしてビジュアルエディタからテキストエディタに切り替えます。

テキストエディタを表示

テキストエディタを表示

表示されたコードをすべてコピーします。

表示されたコードをコピー

表示されたコードをコピー

このコードを後で編集できるように「下書きとして保存」ボタンをクリックして保存しておくと便利です。

下書きとして保存

下書きとして保存

「外観」-「カスタマイズ」‐「Lightning コピーライトカスタム」メニューを開いて、このコードをペースト(1)してプレビューを確認(2)しましょう。

フッターのレイアウトを変更

フッターのレイアウトを変更

複雑なレイアウトの場合はスマホ表示などもチェックしましょう。特にtableタグなどを使った横長のレイアウトには注意が必要です。

スマホのレイアウトも要チェック

スマホのレイアウトも要チェック

問題なければ「公開」ボタンをクリックして設定完了です。

サイトを表示するとフッターのレイアウトが反映されています。

作成したレイアウトがフッターに反映される

作成したレイアウトがフッターに反映される

このように編集画面を使って自分にレイアウトできるので、あとはアイデア次第です。仕切り線の画像を使えば次のようなレイアウトもできるでしょう。全幅ではありませんが。

仕切り線画像を使ってフッターをレイアウト

仕切り線画像を使ってフッターをレイアウト

まとめ

このように、Lightning Copyright Customizerプラグインを使うとLightningのフッターを自由に変更できるようになります。画像も表示できるので非常に便利です。

「お問い合わせはこちら」のバナーを設置してビジネス的な効果アップを期待したり、見栄えするサイトにグレードアップできるかもしれません。気になる方はお試しください。

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
カスタマイズがうまくいかないときは
お急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
wordpress講座受講予約
WordPress講座の問い合わせ先
こちらもどうぞ(Lightning拡張プラグイン)
エレガントで柔らかな印象のサイトに仕上がる「Lightning Charm」

関連記事

スポンサーリンク