WordPress講座(個別相談)

重複コンテンツペナルティとは、内容が全く同じページやコピーしたコンテンツなど、内容が重複するコンテンツが検索エンジンからペナルティを受け、検索順位を下げられたり、場合によっては検索結果から消されるというものです。

スポンサーリンク

重複コンテンツはペナルティではない

「重複コンテンツはペナルティをとられる」と聞いたことがあるかもしれませんが、これはSEO対策の都市伝説です。重複コンテンツだからといって必ずペナルティになるということはないそうです。

【参考】「重複コンテンツはスパムでGoogleにペナルティを受ける」は、なぜ間違いなのか | 海外SEO情報ブログ

そもそも、世の中は重複コンテンツだらけ

Googleの担当者も「ウェブ上のコンテンツを見ると、25〜30%くらいは重複コンテンツだと認識しておくことが重要」(上記参考サイトより引用)だと言っています。

悪意はなくても他のサイトと同じような内容になってしまうページはあります。すぐにペナルティになるとすれば、検索結果に出てくるページがなくなってしまうかもしれませんね。

盗用した方が上位表示されることも?

それに、仮にペナルティになるとして、問題は「どちらがオリジナルなのか正しく判定されるのか?」ということです。実際、他人のサイトを盗用したサイトの方が検索順位が上になってしまうという、笑えない話もあります。

大きな声では言えませんが、当サイトでも、あるページが丸ごと盗用されたことがあります。なぜ気づいたか。そのページの順位が急激に下がったからです。「おかしいな」と調べてみたら、完全コピーしてくれたパクリページが見つかったのです。しかも、そっちの方が上位表示されている!これには笑いました。。。

その後、ページを削除させたのは言うまでもありませんが、驚いたのは、その運営者は出版社の社員だった!これにも笑いました。。。出版社って、他の業界より著作権の意識が高いものだと思ってましたが。。。

サイトを作っていると、いろいろあります。みなさんもご注意ください。そんなわけで日々の検索順位のチェックは重要なのです。アドセンスで儲けるためだけじゃないですよ。異常チェックや自衛の意味もあります。

「重複コンテンツでペナルティ」の真相

そんなわけで「重複コンテンツ=ペナルティ」にはなりませんが、検索結果に同じ内容が並ぶのも変なので、同じページがあった場合、便宜上、どちらかのページの順位を下げたりすることがあるらしいです。

そのような経験をした方が少なくないので「重複コンテンツを作ると検索結果から消される!」の都市伝説が広まってしまったのでしょう。

重複コンテンツの順位を下げることはあるがペナルティではない、これがGoogleの説明です。

だからといって、重複コンテンツばかりで構成されるサイトや、ユーザーを騙すために正規のサイトを完全コピーしたような場合は当然、良い結果にはならないでしょう。

ちなみに、他人のサイトを完全コピーするのはイメージほど大変ではありません。当サイトは「丸ごとコピー」の被害も経験済みです。気がついたら自分と全く同じサイトが!そんなこともありました。

興味がある方は、こちらもご覧ください。

【参考】サイトが一瞬で「ミラーリング」される?!その手口は驚くほど単純!

必要以上に「重複コンテンツ=ペナルティ」の心配をする必要ありませんが、他のサイトを参考にした場合でも自分なりの切り口や独自の視点でまとめてオリジナリティあふれるページを作っていくことが重要です。

くれぐれも、他人のサイトを丸ごとコピーして一部だけ書き換えるとか、セコいことは止めてくださいね。バレますから。きちんと「引用」とか「参考サイト」とか書いて正々堂々とサイト制作しましょう!

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
カスタマイズがうまくいかないときは
お急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
wordpress講座受講予約
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

スポンサーリンク