WordPress講座(個別相談)

WordPressをバックアップできるプラグインではBackWPupが有名だったり、バックアップと復元が簡単なプログラムではAll-in-One WP Migrationが有名だったりします。これらを覚えておけば十分かもしれませんが、強いて問題を挙げればサイト全体をバックアップする点です。もちろん、それで構わないのですが、大きなサイトではバックアップに時間がかかったり、復元が失敗することもあります。

そこで、より簡単に、必要なパーツだけをバックアップしたり復元できるプラグインも覚えておくと便利かもしれません。ここでは、UpdraftPlus WordPress Backup Pluginを紹介します。

スポンサーリンク

WordPressバックアップの基本コンセプト

WordPressサイトをバックアップする場合、よくある間違いが「FFFTPで全ファイルをバックアップしたから大丈夫」という考えです。WordPressの動作にはファイルだけでなくデータベースも使われています。データベースは重要です。投稿や固定ページの内容が保存されているからです。

ですから、WordPressバックアップの基本的な考え方として、ファイル一式とデータベースをバックアップする必要があるということです。FFFTPによるファイルバックアップだけでは不十分です。また、データベースはFTPソフトではアクセスできないので注意が必要です。

手動でWordPressサイト全体をバックアップするのは面倒ですが、プラグインを使えば楽です。BackWPupプラグインのようにファイルとデータベースをまとめてバックアップできたり、UpdraftPlus WordPress Backup Pluginのように必要なパーツだけを別々にバックアップできたりします。

以下、UpdraftPlus WordPress Backup Pluginの使い方を説明します。

UpdraftPlusによるWordPressのバックアップ

まずは、「プラグイン」‐「新規追加」メニューからUpdraftPlus WordPress Backup Pluginをインストール、有効化します。

UpdraftPlus WordPress Backup Pluginのインストール

UpdraftPlus WordPress Backup Pluginのインストール

完了後、「設定」‐「UpdraftPlus Backups」を開きます。

「設定」‐「UpdraftPlus Backups」を開く

「設定」‐「UpdraftPlus Backups」を開く

サイトをバックアップするには、「今すぐバックアップ」をクリックします。

「今すぐバックアップ」をクリック

「今すぐバックアップ」をクリック

「今すぐバックアップ」(2)をクリックしてバックアップを開始します。バックアップする対象(データベース・ファイル)(1)を選べますが、通常は両方ともにチェックしておけば大丈夫です。

対象を選んでバックアップ

対象を選んでバックアップ

バックアップが始まります。

バックアップが始まる

バックアップが始まる

バックアップが完了すると、メッセージが表示されます。

バックアップが完了

バックアップが完了

「バックアップ済み」(1)をクリックして、バックアップしたファイルやデータベース(2)をダウンロードすることができます。

バックアップ済みデータ

バックアップ済みデータ

これらのデータを使ってサイトを復元(または別サーバーに移転)できるので、ダウンロードしておくと便利です。ダウンロードするには、対象データ(例:データベース)(1)をクリックして「お使いのコンピュータにダウンロード」(2)をクリックします。

バックアップデータのダウンロード

バックアップデータのダウンロード

これでバックアップは完了です。以下、復元方法を紹介します。

WordPressサイトの復元

復元をテストするため投稿やメディアライブラリをすべて削除してみます。

復元テストのため空っぽに

復元テストのため空っぽに

重要なサイトで試すのは自己責任でお願いします。

画像ファイル(wp-content/uploadsフォルダ)もすべて削除してみました。

画像ファイルもすべて削除

画像ファイルもすべて削除

ここからサイトを復元します。そのため、「設定」‐「UpdraftPlus Backups」を開いて「復元」をクリックします。

「設定」‐「UpdraftPlus Backups」の「復元」をクリック

「設定」‐「UpdraftPlus Backups」の「復元」をクリック

「復元」(1)をクリックすると、バックアップデータからサイトが復元されます。「バックアップファイルをアップロード」(2)をクリックすると、ダウンロードしたバックアップデータをアップロードして復元できます。

サイトの復元

サイトを復元

「復元」(1)をクリックするとサイト復元の準備が行われます。復元対象のデータ(2)を選ぶこともできます。

サイト復元の実行

サイト復元の実行

もう一度「復元」をクリックすると、復元が始まります。

サイト復元の開始

サイト復元の開始

進捗状況が表示され、しばらく時間がかかる場合がありますが、完了すると「Restore successful!」と表示されます。

復元の完了

復元の完了

テストのためにすべて削除した投稿が復元されています。

削除した投稿が復元される

削除した投稿が復元される

これでサイトの復元は完了です。

まとめ

WordPressをバックアップ・復元できるプラグインはいくつかありますが、必要なパーツだけをバックアップしたり復元できるUpdraftPlus WordPress Backup Pluginも便利です。サーバー移転にも使えるので覚えておきましょう。

復元時にURLの書き換えは行われません。ドメイン名を変えずにサーバーを移転する場合は問題ありませんが、ドメイン名やURLを変更して引っ越す場合は工夫が必要です。
この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
カスタマイズがうまくいかないときは
お急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
wordpress講座受講予約
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

スポンサーリンク