最近、さまざまなサイトで記事ページを表示したときに「続きを読む」ボタンをよく見かける気がします。クリックして全文を表示させる目的のボタンです。開閉式だったりもします。

詳細記事ページに「続きを読む」は必要でしょうか?

設置するのは自由ですが、ユーザーの立場から言えば記事ページを開いているのにもう一度ボタンをクリックして全文を表示させるって、少し面倒じゃないでしょうか?

勘違いしないように書きますが、この「続きを読む」は記事一覧と共に表示されるボタンではありません。記事詳細ページにあるボタンのことです。

もちろん、好き嫌いの問題なので考えすぎかもしれませんが、ただし、です。

もしも「そんなのは嫌いだ!」という「続きを読むボタン反対派」の中にGoogleのキーマンが含まれていたら、ちょっと状況は違ってくるでしょう。「Googleがダメって言うなら、やめこと」になるかもしれませんね。

そんな「続きを読む」ボタンに関する話題を紹介します。

スポンサーリンク

Googleのキーマンが「続きを読む」ボタンは嫌いだとツイート

こんな記事を見つけました。

【参考記事】モバイルの「続きを読む」ボタンにグーグルの主要メンバーが不快感、将来は検索で不利になるのか?

「グーグルの主要メンバーが不快感」とは、どういうことでしょうか。上記の記事でも紹介されていたGoogleスタッフのジョン・ミューラー氏のツイートはこんな感じです。

簡単に訳すと「(「続きを読む」ボタンはペナルティになるような)インタースティシャルではないが、私は嫌いだ。いったい、なぜ、なぜ、どうして、コンテンツを隠したがるのか?」

よほど「続きを読む」ボタンが嫌いなようですが、突然「インタースティシャルではないが」と言われても何のことだかピンとこないかもしれないので、もう少し情報を補足して説明します。

「インタースティシャル」とは

「インタースティシャル」とは、モバイルページで画面全体に覆い被さるような全画面広告のことで、こんなイメージです。

インタースティシャル広告のイメージ

画面全体を覆うことでユーザーの利便性を損ねるためSEO的にマイナス評価になります。

【参考】Google、全画面広告にペナルティ適用/公式アナウンス内容は?

そんなわけで、SEOの観点から広告以外のパーツについて「これもインタースティシャルに該当するのか?」と話題になることもあります。

モバイルの「続きを読む」は「インタースティシャル」なのか

その流れで話題になったのが、『モバイルページの「続きを読む」ボタンもインタースティシャルに該当するのか?』という質問です。

確かに、面積の限られたモバイル端末にわざわざ本文を隠して全文表示させるためのボタンを設置するのはユーザーの利便性から見てどうなのかと疑問に思う方もいることでしょう。そんな質問に対する答えが上記のツイート「私は記事嫌いだ」です。

「WHY WHY WHY」から、よほど「続きを読む」でコンテンツを隠すのが嫌いなようで。

記事の全文を読もうとしてるのに、それを隠すのはおかしいでしょ、ということです。

なぜ「続きを読む」ボタンが嫌われるのか?

なぜ、そこまで「続きを読む」ボタンが嫌われているのか。推測に過ぎませんが、このような理由が考えられます。

  • 不要なボタンクリックによってPVが水増しされる
  • コンテンツを隠すことで広告が見やすくなる(広告のクリック率に影響)
  • コンテンツが隠れていることで正確なページ評価に影響が出るかも

こうしたことが原因でGoogleの提供するサービスに影響が出ることを危惧しているのではないでしょうか。広告のクリック率や表示回数の統計値が変わってくる可能性もあるので。

また、PVが水増しされたり、コンテンツを隠すことで広告が目立つレイアウトにすることは、Googleが提唱する「高品質なサイト」の精神に反するものになるかもしれません。

そんなわけで「私は嫌いだ」の発言になるのも納得です。

現時点では「ペナルティにする」のような発言はないようですが、将来的には何らかのアクションがとられるかもしれません。

まとめ

あくまでデザインの一環として記事詳細ページに「続きを読む」ボタンを取り入れることがあるかもしれませんが、Googleのキーマンは不快に思っていることを覚えておきましょう。

とはいえ、クイズなどのように一部を隠すことで成り立っているコンテンツもあるでしょうから、必ずしも「続きを読む」のようなボタンが使用禁止というわけでもないはずですが、念のためご注意ください。

もしも、設置目的が広告のクリック率を上げるとか、PVを増やすとか、「高品質コンテンツの作成」という主旨から外れていると感じたなら、そのボタンを取り除くことも検討した方がよいでしょう。

この記事をSNSで共有する
スポンサーリンク
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・ログインできない・サーバー移転 ... )
いろいろ質問できる対面サポートまたは作業代行を依頼できるメールサポートで対応します。ご都合に合わせて気軽にご相談ください。
現在までの対応件数:1806件
WordPress講座の問い合わせ先
wordpress講座受講予約

関連記事

スポンサーリンク