WordPress個別サポート

GoogleのPageSpeed Insightsでページの表示速度を測定しようとして、「PageSpeed Insights は、サーバーから 403 応答を受け取りました。」のようなエラーメッセージが表示されることがあります。

PageSpeed Insightsでページの表示速度を測定できない

サイトにアクセス制限がかけられている場合に、こうしたエラーメッセージが表示される場合があります。メンテナンス系のプラグインや、MW Authプラグインのようにログイン中のユーザーのみがサイトを閲覧できる状態になっていないか確認しましょう。

ページの表示速度を測定するには、一時的にでもアクセス制限を解除する必要があります。

PageSpeedチェックのためアクセス制限を解除

スポンサーリンク

「403応答」とは

「403応答」とは、HTTPというプロトコルが返す403という応答(レスポンス)コードのことです。もう少し説明します。

403とは何?

ホームページを参照する場合、HTTPというプロトコルに基づいてサーバーとブラウザ(クライアント)の間でメッセージのやりとりが行われます。ブラウザからはサーバーに対して「ページを見せて」と要求(リクエスト)し、逆にサーバーからはブラウザに対してページの内容を含んだ応答(レスポンス)が返されます。

サーバーとクライアントのやりとり

要求に対して問題なければ「200」のような正常な結果を示すレスポンスコード(応答コード)が返されますが、問題があれば「400」(ページが見つからない)や「401」(認証が必要)、「403」(アクセス禁止)などのエラーコードが返されます。

「PageSpeed Insightsがサーバーから403応答を受け取った」というのも同じように、アクセス制限がかけられているページにPageSpeedがアクセスした結果、「アクセス禁止」を示す403というレスポンスコードが返されたためPageSpeedの測定ができなかったということです。

PageSpeedに限りませんが、レンタルサーバーを借りた直後などにみかける「403」は、このような仕組みになっています。

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
細かい質問からCSSやPHPのカスタマイズ、トラブル対応まで、この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
WordPress個別サポートの特徴
  • 最短で本日中に問題解決できます
  • 見積もり無料・料金は終了後の後払いです
  • 銀座教室・スカイプ・出張またはメールで対応します
トラブル解決でお急ぎのときは
お急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
こんなときはご相談ください(相談・見積もり無料)
  • ログインできなくなった
  • 画面が真っ白(500エラー)になった
  • 間違ってサイトを消してしまった
  • 引っ越し・SSL対応がうまくいかない
  • CSS・PHPのカスタマイズがうまくいかない
WordPress講座の問い合わせ先
WordPress講座申し込み
メールで問い合わせ

関連記事

スポンサーリンク