WordPress個別サポート

ダッシュボード上部に「Declaration of MTSSB_Article_Admin …略…」のようなエラーメッセージが表示されることがあります。これはWordPressの予約システムのプラグインMTS Simple Booking Cのエラーメッセージです。

MTS Simple Booking Cのエラーメッセージ

見づらいですが、次のような内容です。

Warning: Declaration of MTSSB_Article_Admin::register_meta_box() should be compatible with MTSSB_Article::register_meta_box($post) in /…略…/wp-content/plugins/mts-simple-booking-c/mtssb-article-admin.php on line 14

意味を調べようと深い追いする必要はありません。エラーメッセージを非表示にするのが現実的です。

スポンサーリンク

エラーメッセージを非表示にする

上記のエラーメッセージはWarning(警告)なので、画面が真っ白になるほど重大なエラーではありません。以下の手順でひとまず非表示にすることができます。

FTPソフトまたはレンタルサーバーのFTPツールを使って、MTS Simple Booking Cのフォルダ(1)からmts-simple-booking.phpというファイル(2)を開きます。具体的な場所はWordPressインストール先のwp-content/plugins/mts-simple-booking.phpです。

MTS Simple Booking Cのmts-simple-booking.phpを開く

編集にはテキストエディタ(秀丸エディタなど)を使いましょう。Windowsのメモ帳はダメです。また、保存するときの文字コードはUTF-8です。

1行目の <?php と2行目の /* の間に次のコードを入力します。エラーメッセージを非表示にするコードです。

error_reporting(0);

入力後のイメージは次のようになります。

「error_reporting(0);」を追加

ファイルを保存してアップロードすればダッシュボードのエラーメッセージが消えるはずです。

エラーメッセージが消える

プラグインファイルを編集するときは画面が真っ白になることを想定して必ずFTPソフトまたはレンタルサーバーのFTPツールを使うようにしてください。「プラグインの編集」メニューで編集するのは危険です。不安な方はWordPress個別サポートにご相談ください。作業をサポートします。
この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
細かい質問からCSSやPHPのカスタマイズ、トラブル対応まで、この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
WordPress個別サポートの特徴
  • 最短で本日中に問題解決できます
  • 見積もり無料・料金は終了後の後払いです
  • 銀座教室・スカイプ・出張またはメールで対応します
トラブル解決でお急ぎのときは
お急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
こんなときはご相談ください(相談・見積もり無料)
  • ログインできなくなった
  • 画面が真っ白(500エラー)になった
  • 間違ってサイトを消してしまった
  • 引っ越し・SSL対応がうまくいかない
  • CSS・PHPのカスタマイズがうまくいかない
WordPress講座の問い合わせ先
WordPress講座申し込み
メールで問い合わせ

関連記事

スポンサーリンク