WordPress個別サポート

WordPressに限りませんが、ブログ記事を一生懸命に書いているのに検索順位が上がらないとか、なぜか力を入れて作ったページに限って検索結果に出てこない!

そんなことはありませんか?

「あります!」という方は、努力が逆に「過剰なSEO」だと見なされているかもしれません。その定番が「太字」です。

この記事では、SEOに悪影響を与えるかもしれない「太字」(Bボタン)の代わりにオリジナルの「太字」ボタンを使う方法を紹介します。

スポンサーリンク

太字(Bボタン)の使いすぎはSEOに悪影響が

ブログ記事を書くときに熱が入ってくると太字が多くなるかもしれません。WordPressのダッシュボードでは「B」ボタンを何度も押すことになります。

一生懸命な記事は太字が増えるかも

一生懸命な記事は太字が増えるかも

アピールしたいポイントが増えれば増えるほど太字が多くなるのは普通のことかもしれませんが、一生懸命に記事を書いた結果とはいえ、検索エンジンの評価は異なります。

太字のときに使われるbタグやstrongタグは、その文章で重要なキーワードを検索エンジンに使える役割をします。ピンポイントで使えば効果的ですが連発すると「意図的に重要なキーワードを大量にマークしている過剰なSEO」だと判断される場合があります。

厳密には太字のbタグと強調のstrongタグの用途は異なりますが、この記事では説明しません。同じようなものだと思って大丈夫です。

結果としてペナルティを受けて検索結果に出てこなくなることもあります。

実際、私のサイトでもある時期、いくつかのページが一斉に検索結果に出てこなくなったことがあります。そのページに共通していたのが「太字の多用」だったのです。

偶然かもしれませんが、太字を多用しているページからbタグやstrongタグをすべて取り除いたところ、しばらくして無事に検索結果に出るようになりました。

みなさんも、「なぜか一生懸命に書いているページに限って検索順位が低い」とか「なぜか重要なページが検索結果に出てこない」のようなことがあれば、太字の使いすぎを調べてみてください。

「B」ボタンの代わりにオリジナルの「太字」ボタンを使おう

多用しなければ大丈夫とはいえ、「ペナルティを受けるかも」と思うとBボタンを押しづらくなります。そんなときはBボタンの代わりにオリジナルの「太字」ボタンを作ってみてはいかがでしょうか。

ダッシュボードに追加された「太字」ボタン

ダッシュボードに追加されたオリジナルの「太字」ボタン

「太字」ボタンに限らず「マーカー」や「下線」など、あなたのアイデア次第で好きなボタンを追加してみてください。

オリジナルの「太字」ボタンがクリックされたときはCSSを使って見た目だけ太字にする作戦です。strongタグは使いません。SEOに悪影響を与えるBボタンの呪縛から解放され、気軽に"太字"にすることができます。

オリジナルの「太字」ボタンの作成

ダッシュボードにオリジナルのボタンを追加するにはAddQuicktagプラグインが役立ちます。「プラグイン」‐「新規追加」メニューからAddQuicktagプラグインをインストール、有効化して「設定」‐「AddQuicktag」メニューを開きます。

AddQuicktag設定メニュー

AddQuicktagプラグインの設定メニュー

設定項目(1)に次のように入力します。

  • ボタン名 --- 「太字」と入力
  • ラベル名 --- 「太字」と入力
  • 開始タグ --- 「<span class="futo">」と入力
  • 終了タグ --- 「</span>」と入力
「太字」や「futo」は自由に変更して大丈夫です。

入力後のイメージは次のようになります。

「太字」設定の入力後

「太字」設定の入力後

続いて、画面右側に並んでいるチェックボックスで「太字」ボタンを有効にしたい画面をチェックします。右端のチェックボックス(2)をチェックすれば、すべての編集画面で「太字」ボタンが表示されるようになります。

最後に「変更を保存」(3)ボタンをクリックすると設定完了です。

「太字」スタイルの定義

次に、「太字」にしたときのスタイルを定義します。それには、次のCSSをテーマのCSSファイル(子テーマのstyle.cssが定番)または「CSSカスタマイズ」「CSS編集」メニューなどで入力します。

.futo {
    font-weight: bold;
    color: red;
}

それぞれの意味は次のとおりです。自由にカスタマイズしてください。

  • font-weight: bold; --- 文字を太字にする
  • color: red; --- 文字の色を赤に
「太字はペナルティの原因になる?!」の悪いイメージが頭から抜けない方は、太字にする代わりにマーカー風などにしても良いでしょう。

.futo {
    background-color: #f7b977;
    display: inline-block;
    padding: 2px;
    margin: 1px;
}
マーカー風の強調サンプル

マーカー風の強調サンプル

これで「太字」ボタンは完成です。編集画面で使ってみましょう。

ビジュアルエディタで文字を太字にする

投稿や固定ページの編集画面をビジュアルエディタで開くと「Quicktags」-「太字」メニュー(1)が追加されているはずです。さっそく文章で太字にしたいキーワード(2)を選択して、「Quicktags」-「太字」メニュー(1)をクリックしてみましょう。

「太字」メニュー(ビジュアルエディタ)

「太字」メニュー(ビジュアルエディタ)

ビジュアルエディタで編集中の文字の見た目には太字が反映されませんが、「プレビュー」をクリックしたりページを更新すれば、キーワードが"太字"になっていることを確認できます。

太字に設定したキーワードのスタイルが変わる

太字に設定したキーワードのスタイルが変わる

※赤枠は「太字」メニューの結果ではありません。

テキストエディタで文字を太字にする

テキストエディタではメニューに「太字」ボタンが追加されているはずです。

テキストエディタで「太字」ボタンを使う

テキストエディタで「太字」ボタンを使う

太字にしたいキーワードを選択して「太字」ボタンをクリックすれば、そのキーワードがspanタグ(太字が定義された「class="futo"」)で囲まれます。

太字にしたキーワードがspanで囲まれる

太字にしたキーワードがspanで囲まれる

プレビューなどで確認すると、太字が反映されていることがわかります。

「太字」ボタンのスタイルが反映される

「太字」ボタンのスタイルが反映される

まとめ

このように、ダッシュボードにオリジナルの「太字」ボタンを追加して、オリジナルのスタイルで太字などにすることで、strongタグの多用を防ぐことができます。

「strongタグは使用禁止!」ということでもありませんが、なんとなくペナルティが気になる方や、一生懸命に書いたページに限って検索順位が落ちてきた気がする方は、strongタグの代わりとしてお試しください。「太字」ボタン以外にもアイデア次第でいろいろと活用できると思います。

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
wordpress講座受講予約
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

BizVektorのカスタマイズ

WordPressカスタマイズ

WordPressによるサイト作成のヒント

WordPressプラグイン

スポンサーリンク
西沢直木によるWordPress講座の紹介
ホームページ作成講座WordPress個別サポート