WordPress講座(個別相談)

期限を過ぎたら記事を非公開に戻したいこともあります。

たとえば、「イベント開催!」のようなページは、イベントの終了後や申し込みを締め切った後は公開しておく必要はないかもしれません。

アクセスを増やすために、あえて終了したイベントのページを公開したままにしておくのも1つの考え方ですが、永久に公開しているとイベント終了後にも問い合わせが来てしまい、対応が面倒かもしれません。

もちろん、終了したイベントのページを開いて下書きに戻せば非公開にできますが、常にそのような作業をするのも面倒です。

そんなときは、Post Expiratorプラグインを使うと便利です。記事を投稿するときに公開期限を設定して、期限を過ぎた記事を自動で非公開(下書き・非公開・削除)にすることができます。

記事の公開期限を設定する

記事の公開期限を設定する

公開すると、ひとまず公開期限がくるまでは誰でも見ることができます。

公開期限までは誰でも参照できる

公開期限までは誰でも参照できる

公開期限を過ぎると非公開(または下書き・削除)に戻り、投稿の一覧から消えます。

公開期限を過ぎた投稿が非表示になる

公開期限を過ぎた投稿が非表示になる

リンクから消えただけではないので、直接アクセスされた場合でも「ページが見つかりません」となって、記事は表示されません。管理者は参照できますが。

直接アクセスされても内容は参照できない

直接アクセスされても内容は参照できない

記事のフッターなどに公開期限を表示することもできます。表示フォーマットなどは「設定」‐「Post Expirator」メニューで設定できます。

記事の公開期限も表示できる

記事の公開期限も表示できる

イベント開催のお知らせなど、申し込み締め切りなどのタイミングで自動的に非公開に戻したい記事がある場合には便利です。

この記事をSNSで共有する
WordPressでお困りのときはご相談を
この記事を書いた西沢直木が直接、WordPress個別サポートで対応します。
こんなときはご相談を
  • WordPressの使い方(ページやメニューの作り方を教えてほしい)
  • カスタマイズ(機能の追加やデザイン調整をお願いしたい)
  • トラブル対応(画面真っ白・「ログインできない」を解決したい)
マンツーマンなので相談内容は自由です。いただいた課題をその場で解決、CSSやPHPも目の前で修正します。気軽にご相談ください。
カスタマイズがうまくいかないときは
お急ぎのときはWordPressメールサポートで対応します。ご活用ください。
wordpress講座受講予約
WordPress講座の問い合わせ先

関連記事

スポンサーリンク